少年名探偵 虹北恭助の新冒険 (講談社ノベルス)

  • 講談社
3.38
  • (19)
  • (34)
  • (93)
  • (10)
  • (1)
本棚登録 : 439
レビュー : 28
  • Amazon.co.jp ・本 (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061822757

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 恭助と再び会える!響子ちゃんとの関係に進展は!?
    と楽しみにしていたのに、恭助の姿がない。
    ようやく出てきた、と思ったら。
    ミステリ要素はあまりなく、虹北商店街のドタバタ話に終始。例の映画3人組のお話がメインなのでただただ残念。
    あと、漫画いらないかな。
    思っていた内容とのあまりの違いに愕然とした。
    とりあえず、新・新と同時期に出たようなのでそちらも読んでみようかな。

  • 【382】

  • カバー・本文イラスト / やまさき もへじ
    初出 / 『メフィスト』2001年5月号・9月号、改題加筆訂正。

  • 若旦那たちが笑えすぎて。名言が多い…。

  • 少年探偵の成長が早くて

    ・・・主人公は若旦那ですか?

  • 再読。

  • あの少年名探偵・虹北恭助が帰ってきた!少女はなぜ小学校の屋上から落ちたのか――?いわくつきの幻の映画「妖」に隠された秘密とは――?美少女・野村響子ちゃんをワトソン役に、虹北恭助(とカメラ屋の若旦那)の推理が冴える!はやみねかおるの新本格ミステリ魂がいっぱいにつまった一冊。

  • 若旦那たち、あそこまで言われて少しかわいそう。それほどミステリーではなかったけれど楽しめた。

  • これは番外的要素のほうが
    強くてちょっと受け付けられない作品でした。
    まあ若旦那と仲間たちの
    暴走っぷりは面白くはあったけど
    正直ミステリー?と思わざるをえませんでした。

    それと一応恭助が出てくる作品も
    これは少し考えれば
    わかる作品でしょう。
    そう、ヒントは掃除用具。

    なんか裏切られました。

全28件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

三重県生まれ。『怪盗道化師』で第30回講談社児童文学新人賞に入選し、同作品でデビュー。他の作品に「名探偵夢水清志郎」シリーズ、「怪盗クイーン」シリーズ、「大中小探偵クラブ」シリーズなどがある。

「2018年 『メタブックはイメージです ディリュージョン社の提供でお送りします』 で使われていた紹介文から引用しています。」

少年名探偵 虹北恭助の新冒険 (講談社ノベルス)のその他の作品

はやみねかおるの作品

少年名探偵 虹北恭助の新冒険 (講談社ノベルス)を本棚に登録しているひと

ツイートする