陰摩羅鬼の瑕(おんもらきのきず) (講談社ノベルス)

著者 :
  • 講談社
3.39
  • (233)
  • (328)
  • (1140)
  • (67)
  • (17)
本棚登録 : 3249
レビュー : 301
  • Amazon.co.jp ・本 (752ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061822931

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 京極堂シリーズ。シリーズ中で一番読みやすかった。犯人も結構早めにわかる。シリーズでは難解な作品が多い中、もっとも簡単な作品ではないだろうか。

  • むちゃくちゃ好みなテーマでした。やっぱり面白いなあ。
    そしてなぜか今回初めて関くんにきゅんときたんだけどなぜだろう…。

  • 京極堂(百鬼夜行)シリーズ7作目。
    前作から長い期間を経ての発売でファンは首を長くしすぎてどうにかなってしまいそうだったのではないか。かくいう私もその一人で発売日が決まったときは興奮して眠れなかったほどだ。
    その期待があまりにも異常だったのだと思う。シリーズ原点回帰ということで、妖怪の性質とストーリーの展開を『姑獲鳥』にかぶせてあるという。それが前作までの畳み掛けるような場面転換とストーリー展開に麻痺した感覚には物足りなく感じたのだろう。発売日に意気揚々と読み始め読了した時には少しガッカリしてしまった。
    その後、期間を経て再読。十分に面白い作品である。さらに『姑獲鳥』への回帰という点を考えると、舞台設定からストーリー展開、トリックにあたる内容までやはり上手いとしか言いようがない。
    刺激的な展開を求めすぎる期待をクールダウンさせてくれる落ち着いた作品である。

  • 図書館より。
    ウブメから一気におんもらきに飛んで読んだよと言ったら友人みんなに怒られた。
    順番とか全然気にしてないので、S&Mシリーズも館シリーズも好きに読んでますよ。わるいかっ

    何というか、誰もが経験したことのある「誰も悪くないのに誰も幸せになれなかった」というのをものすごくスケールでかく書いたらこうなるのかなといった感じ。
    ゴテゴテの装飾、けむに巻く蘊蓄の圧倒的文字量で、ことの本質から巧みに目をそらさせてしまう手腕は流石。

    関くんの自己卑下がひどくなりすぎてるw


    それと知らずに矯められて、歪んでしまったまま大人になることの悲壮さと、うつくしさとがちりばめられた作品でした。
    謎が明かされてみれば、しっかり伏線は張られている。ミステリ…と呼べなくもないけれども、密室などの物理的なトリックというよりは錯覚、認知の違いを利用した心理トリックに比重がかかりすぎているせいで、あまりがっつりと本格を読んだという気分にはならなかった。

  • 今までとずいぶん違うなぁ。が第一印象。
    犯人やトリックには拘らず、伯爵が追っていた問題に重きを置いた作品。

    生きているとは?
    死んでいるとは?

    常識はつつがなく生活するための洗脳のようなもので
    本質とは別にあるもの。
    その常識という暗黙ルールに気付けないと
    どうにも不幸せな結果を産んでしまう。

    仕方なくも悲しい話。

  • 「鳥の城」と呼ばれる由良元伯爵のお屋敷で、
    伯爵の花嫁が初夜翌日に何者かに殺害される。
    23年前の初婚から5度目の婚礼を迎え、
    今回こそは無事に、と担ぎ出された探偵・榎木津とそのお供になってしまった小説家・関口。
    そしてやっぱり全てを知っている京極堂。

    このシリーズにしては、
    犯人とその動機みたいなものにわりかしすぐ見当がつきます。

    その分、京極堂の憑き物落としまでが長く感じてしまって、
    途中が辛くてたまりませんでした…

    こう、「常識」って何だろーなー…としみじみ思うし、
    家庭教育って恐ろしいなあとつくづく思います。

    今回は特に木場さんと榎木津に活躍の場が少なかったし、
    事件自体は哀しいものではあっても範囲が狭かったためか、
    そこまで物々しくも無く、

    ここに来てやっと、
    ああ、このシリーズって関口君の物語でもあるんだよな、
    と思い出しました。

    いや、たぶん元からこのシリーズの主人公的なものは関口君なんだろうけど、
    周りが有能かつ個性的すぎるし、
    何よりも扱う事件が大きすぎて、
    そんなことどうでもよかったというか。

    関口君…すきな登場人物じゃないけど、
    いちばん移入しやすいので、彼がどうなるのかはとても気になります。

    この前に出版されている短編集的な本も読まねば。

    「邪魅の雫」までに体力溜めます…!

  • 読了するのに二週間もかかった。これって遅いの?それとも普通?

  • 白樺湖畔に聳える洋館「鳥の城」は、主の五度目の婚礼を控えていた。過去の花嫁は何者かの手によって悉く初夜に命を奪われているという。花嫁を守るように依頼された探偵・榎木津礼二郎は、小説家・関口巽と館を訪れる。ただ困惑する小説家をよそに、館の住人達の前で探偵は叫んだ。――おお、そこに人殺しがいる。百鬼夜行シリーズ第八弾。

  • 何度目かもしれない再(ry

    今回は伊庭さんの、奥さんへの気持ちにじわっときた。
    結末を知っている状態で読むと、初読とはガラっと違う角度で読める話だね。

  • 読んで300ページくらいで落ちがわかった。
    薀蓄が好きならもっと面白かったと思う。

全301件中 51 - 60件を表示

著者プロフィール

京極 夏彦(きょうごく なつひこ)
1963年、北海道小樽市生まれ。小説家としてだけでなく、世界妖怪協会・世界妖怪会議評議員(肝煎)など妖怪研究家であり、他にも装幀家、アートディレクター、俳優など様々な顔を持つ。
広告代理店を経てデザイン会社を設立。1994年、そこで暇つぶしに書いた『姑獲鳥の夏』を講談社に送ったところ極めて評価を受け、同年、即出版・デビューに至る。瞬く間に執筆依頼が殺到する人気作家に上り詰めた。
1996年に『魍魎の匣』で日本推理作家協会賞、1997年『嗤う伊右衛門』で第25回泉鏡花文学賞、2002年『覘き小平次』で第16回山本周五郎賞、2004年『後巷説百物語』で第130回直木三十五賞、2011年『西巷説百物語』で第24回柴田錬三郎賞など、数多くの受賞歴がある。
代表作に「百鬼夜行シリーズ」「巷説百物語シリーズ」「豆腐小僧シリーズ」など。

京極夏彦の作品

ツイートする