陰摩羅鬼の瑕(おんもらきのきず) (講談社ノベルス)

著者 :
  • 講談社
3.39
  • (234)
  • (328)
  • (1140)
  • (67)
  • (17)
本棚登録 : 3250
レビュー : 302
  • Amazon.co.jp ・本 (752ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061822931

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • うーん。こねくり回した結果がこれか。。。。まあでも周囲にとって毒になる勘違い・思い込みってあるんだよね(しみじみ)

  • 鬱の関口視点は読んでいると滅入る上に、結末が最初からほぼ想像できてしまった。
    そうなると読むのに掛かった時間が空しい・・・
    http://blogs.yahoo.co.jp/rrqnn187/14347659.html

  • 伯爵家で5度目の結婚式が。全4回は皆初夜に亡くなっている。しかし、犯人は分からず。迷宮入り。五度目はあるのか。探偵も来たが、結局殺人は起きてしまった。しかし、京極堂が解決する。犯人は伯爵でも、人には理解できない。途中からまぁ分かってたけど。やっぱり無理があるなぁ。出てくる人がみんな理屈っぽくて嫌。分厚いけど中身はないなぁ。

  • 犯人この人かな?と思いつつも、読み進めて行くうちに不安になってくる。惑わされたなぁ、という感じ。
    そこは面白かったけど、全体的にもやもやして、なかなか読み進める気力がわかなかった。
    常識って何だと思った話だった。

  • 読んで300ページくらいで落ちがわかった。
    薀蓄が好きならもっと面白かったと思う。

  • 2010年6月29日
     
    ブックデザイン/熊谷博人
    カバーデザイン/辰巳四郎
    組版レイアウト/京極夏彦

  • ここまでのこのシリーズは、読んでいてクライマックスに従って、おぉ、そうだったのか!っていう不思議を解いてゆく、展開の気持ちよさがあったのですが、この本に関しては少しそれが薄まってるというか、途中から結末(オチ)の展開が読めてしまったので、これまでのシリーズより「なーんだ」となってしまいました。
    多分今まで本を読んでいて、期待していた分、(それまでに比べて〜という意味で)★2つとなってしまいました。

  • さすがに「宴」の後では疲れたしまったのだろうか。シリーズで最後の未読だったので楽しみにしていたのだが、結構最初から犯人はわかっているし、京極堂の薀蓄は今回全くつまらないし、そうかと言って榎木津探偵大活躍というわけでなし、関口君は前回の後遺症からかいつにも増してがたがただし。京極版青髭か。

  • 久々にこのシリーズ読みました。神が!
    榎さん好きだったのに、今回はちょっと不満です、しっかりしてよって言いたくなっちゃいましたね…

  • いつもは物事が複雑に絡み合っていて、それらを紐解いて漸くひとつの真実へと辿り着いていたけれど、今回はシンプル。言葉は悪いが、事件とその犯人も単純と言えば単純で、在り来たりという印象を受けた。

著者プロフィール

京極 夏彦(きょうごく なつひこ)
1963年、北海道小樽市生まれ。小説家としてだけでなく、世界妖怪協会・世界妖怪会議評議員(肝煎)など妖怪研究家であり、他にも装幀家、アートディレクター、俳優など様々な顔を持つ。
広告代理店を経てデザイン会社を設立。1994年、そこで暇つぶしに書いた『姑獲鳥の夏』を講談社に送ったところ極めて評価を受け、同年、即出版・デビューに至る。瞬く間に執筆依頼が殺到する人気作家に上り詰めた。
1996年に『魍魎の匣』で日本推理作家協会賞、1997年『嗤う伊右衛門』で第25回泉鏡花文学賞、2002年『覘き小平次』で第16回山本周五郎賞、2004年『後巷説百物語』で第130回直木三十五賞、2011年『西巷説百物語』で第24回柴田錬三郎賞など、数多くの受賞歴がある。
代表作に「百鬼夜行シリーズ」「巷説百物語シリーズ」「豆腐小僧シリーズ」など。

京極夏彦の作品

ツイートする