陰摩羅鬼の瑕(おんもらきのきず) (講談社ノベルス)

著者 :
  • 講談社
3.39
  • (234)
  • (328)
  • (1140)
  • (68)
  • (17)
本棚登録 : 3250
レビュー : 302
  • Amazon.co.jp ・本 (752ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061822931

作品紹介・あらすじ

白樺湖畔に聳える洋館「鳥の城」は、主の五度目の婚礼を控えていた。過去の花嫁は何者かの手によって悉く初夜に命を奪われているという。花嫁を守るように依頼された探偵・榎木津礼二郎は、小説家・関口巽と館を訪れる。ただ困惑する小説家をよそに、館の住人達の前で探偵は叫んだ。-おお、そこに人殺しがいる。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  •  胡乱な話である。
     冒頭、胡乱な男、関口巽が真相に気がつく場面がカットバックされているが、胡乱な男が真相に気づくような胡乱な話である。あまりな真相は読後16年を経た今も覚えていて、結構、細部を忘れていて初読に近かった他の作品よりも楽しめなかったことを告白しておこう。
     信州は白樺湖湖畔の屋敷に住む由良伯爵。もう華族制度がなくなっているので、伯爵ではないのだが、伯爵と呼ばれているという設定は、ドラキュラ伯爵を連想させるためである。由良伯爵は、23年前からこれまで4回、婚礼の翌朝に花嫁を殺されているという経歴を持ち、いま5回目の花嫁を迎えようとしている。不謹慎なことに、評者は2週続いた結婚式の間にこの本を再読した。
     由良伯爵は儒教学者でもあるが、大変な富豪のため、働いたことはなく、また無数の鳥類の剥製が置かれたこの鳥の城から出たことがなく、世知は書物を介して得たという変人である。
     5回目の不幸を防ぐために伯爵が召喚したのは探偵・榎木津。だが彼は体調不良で一過性の失明状態にある。そこで急遽、関口が助けに遣わされたのだが、探偵は婚礼に集まった親戚や使用人の前で「おお、そこに人殺しがいる」と言い放つ。彼は他人の記憶が見えるのだが、現実の視力がないので誰の記憶か照合できない。榎木津がいても謎が解けないように、失明させられているのである。

     今回はすべて一人称記述である。が、その一人称は3人に振り当てられる。関口巽、由良伯爵、1回目から3回目の花嫁殺害を捜査した退職刑事・伊庭が叙述者だ。5回目の不幸は当然起こらないことには話にならないのだが、鳥の城での惨劇への道筋は関口と伯爵によって、そして、過去の経緯と京極堂の動きは伊庭によって叙述され、伊庭も鳥の城に出向くに至って、記述は白樺湖畔になだれ込んでいく。
     陰摩羅鬼は中国由来の妖怪で新たな死者の魂が妖怪化したもの。黒い鶴の形をし、目が爛々と光る。本作は鳥の妖怪をテーマにし、関口の内面が描かれ、そして認識の問題が謎に関わっている点で、『姑獲鳥の夏』の姉妹作のように思える。

  • 此の秋に始めて読み始めて京極さんですが、
    女子高校生やら、お坊さんやら・・・今度は伯爵。
    守備範囲が広いですね。

    この本も、素晴らしく謎めいていて、読了したら未明。
    ついに朝まで変な夢にうなされることになりました。

    榎木津さん目的で読み始めてのですが、
    関口君の良さを改めて認識するという結果に。

  • 今回はいつもの京極堂シリーズに見られる「重層感」が
    なかった。謎や人間関係が幾重にも重なって複雑怪奇で一見
    あり得なさそうな事件を引き起こしているといういつもの
    構図ではなく、ただ一点の謎からすべてが始まり、ただ一点
    の謎にすべてが収斂していく。そういうお話である。そして
    その一点には「死」というものが深く関わっている。この世
    に生きるすべての人間が最も知りたいのに最も遠くにある死
    というモノ。そして、最も遠くにあるにもかかわらず、人間
    のすぐ近くで大きな口を開けて待ち受ける貪欲で底知れない
    淵。まさにその死というものに向かって物語は突き進んで
    いく。だからだろうか──この話は徹頭徹尾「悲しみ」と
    いう基底音の上で語られている気がしてならない。死に
    臨んでは、いかな探偵と言えども何かに「当たる」しかない
    のである。神も仏も、幽霊も祟りも、何もかも──そんな
    ものは全部嘘という京極堂の言葉を私は圧倒的に支持する。
    もちろんそれは、嘘だから必要ではないという意味、では
    ない。

  •  百器徒然袋 雨を読んでうきうきした気持ちで読み始めました。
     私は勘が悪くて、小説のオチを予想できたことがありません。それでもこの物語は最初からそれがわかった作品でした。読むのが3度目だから思うのか、わざとわかるように書いているように感じました。
     だからこそ、伯爵の悲しみがズンと胸にのしかかってきました。花嫁が殺されてしまうことを知っているからこそ、悲しくて、どうにもならないのかと思ってしまいました。だって、このシリーズ1勘の悪い関口くんが気づいたくらいですもんね。
     最後、雪絵さんとお出かけしているくだりにほっこりしました。関口くんの出番が多くてうれしかったです。
     でもやっぱり悲しすぎるお話でした。

  • 随分前に読んだ本ですが再読しました。結果的に、ですが。屋敷に着いたあたりで思い出しました。でもそのままフラーっと読んでしまいました。このシリーズは何とも言えない雰囲気が漂うのですが、榎木津さんが出てくるとほっとします。そして彼の発言でまた混乱します。どんな人物か知っているし犯人も分かっているのに。

  • この世には知識だけでは理解できない事柄がある。
    特にその知識に偏りがあると、大きく道を誤る可能性がある。
    百聞は一見に如かず。

  • 京極堂節炸裂でした。
    殺害方法も動機もシンプルではあるのですが、登場人物が複雑な人々なために難しくなるという。
    それにしても、殺害された花嫁たちがとても不憫。相手はよく吟味せねばならないねぇ。

  • 2014.11.17 再読。

    京極堂シリーズで初めて、
    おぼろげながらも真相が分かった作品。

    どんな洋館なのか、
    想像が膨らむ…!

    再読してみると、悲しい。
    探偵も辛かったのかもな。
    関口くんはけっこうしっかりしているし、
    邪魅の登場人物のらしくなしさの伏線だったのかなー

    ウブメの考察が非常に面白かったです!!

  • ようやく読了。以前簡単なネタバレを見てしまったのもあってか犯人がすぐわかってしまいましたが、その犯行理由等が思ってた理由と違ったので楽しめました、ただ理解力が高い人はすぐ動機もわかると思う作品でした。

  • うーん。こねくり回した結果がこれか。。。。まあでも周囲にとって毒になる勘違い・思い込みってあるんだよね(しみじみ)

  • 関口さんへの好感度がうなぎ昇りの一冊
    がんばった!えらい!!
    榎木津が関口さんの下の名前を覚えてることに感動して
    京極堂は知人だ友人じゃないなんていいつつ関口さんの為に仕事を断らずわざわざ白樺湖まで行くし
    なんだかんだいってもあの人たち、仲良いですね!
    今までのシリーズの中で一番面白かったです^^

    常識のズレというものは怖いものだと思いました

  • 初心に戻る・・・という感じ?

    前作「塗仏の宴」は、今までの事件を振り返りつつ
    それぞれの登場人物が出てきたり、とにかくスケールの大きい
    イメージでしたが、今回は密室で少人数。
    更に、ストーリーも謎ときもオーソドックスなミステリー。
    百鬼夜行シリーズで、初めて先が読めた内容で、
    読んでいる間はなんだかちょっと物足りない感じだった。

    ところが、読み終えてストーリー場面を繰り返し思い出してみると
    大きくて怪しげな洋館や、少ないけれど個性的な登場人物・・・
    様々な場面もとても魅力的で、満足感が膨らんでくる。

    江戸川乱歩のドラマを見た後のような後味。
    流石です☆

  • ひさーびさの再読。
    あれ、これいけんじゃない、伯爵と関君でいけるよね、と。

  • 【由来】


    【期待したもの】

    ※「それは何か」を意識する、つまり、とりあえずの速読用か、テーマに関連していて、何を掴みたいのか、などを明確にする習慣を身につける訓練。

    【要約】


    【ノート】


    【目次】

  • 関口くん頑張った…走る関口くん初めて見た笑 関口くんも自力で真相に…結末もとても哀しかった。認識の違いが産んだ悲劇。相変わらず京極さんは大きな仕掛けを鮮やかに扱う。

  • 鬱の関口視点は読んでいると滅入る上に、結末が最初からほぼ想像できてしまった。
    そうなると読むのに掛かった時間が空しい・・・
    http://blogs.yahoo.co.jp/rrqnn187/14347659.html

  • 勘の良い人なら序盤で犯人と動機を看破できます。あの関口くんでさえ看破できた事件なので。これは京極堂シリーズの中では一番シンプルな話ではないかと.....この事からやや期待はずれと思う方もいますが、これはこれでなかなかの読み応えのある一冊でした。楽しみ方としては、読者=関口くんとして楽しむが一番かと。最後にスッキリと憑き物も落とされますので。

  • 鳥祭り。
    シリーズの中で犯人は一番分かりやすい。が、氏の作品の醍醐味は犯人探しでなく薀蓄にある。

    林羅山とハイデッガーの共通性や、儒教的要素を多分に取り込むに至った日本仏教の経緯。
    鶴の恩返しやしっぺい太郎に隠された意味。
    常識とは。

  • 伯爵家で5度目の結婚式が。全4回は皆初夜に亡くなっている。しかし、犯人は分からず。迷宮入り。五度目はあるのか。探偵も来たが、結局殺人は起きてしまった。しかし、京極堂が解決する。犯人は伯爵でも、人には理解できない。途中からまぁ分かってたけど。やっぱり無理があるなぁ。出てくる人がみんな理屈っぽくて嫌。分厚いけど中身はないなぁ。

  • 犯人とある程度の動機は、早い段階で予想がついた。
    展開もそれほど意外性のあるものではないが、関口以外はそれほど暗くないので読みやすかった。
    仏教、儒教と哲学についての論議は興味深く、ストーリーよりそちらのほうが印象に残った。

全302件中 1 - 20件を表示

著者プロフィール

京極 夏彦(きょうごく なつひこ)
1963年、北海道小樽市生まれ。小説家としてだけでなく、世界妖怪協会・世界妖怪会議評議員(肝煎)など妖怪研究家であり、他にも装幀家、アートディレクター、俳優など様々な顔を持つ。
広告代理店を経てデザイン会社を設立。1994年、そこで暇つぶしに書いた『姑獲鳥の夏』を講談社に送ったところ極めて評価を受け、同年、即出版・デビューに至る。瞬く間に執筆依頼が殺到する人気作家に上り詰めた。
1996年に『魍魎の匣』で日本推理作家協会賞、1997年『嗤う伊右衛門』で第25回泉鏡花文学賞、2002年『覘き小平次』で第16回山本周五郎賞、2004年『後巷説百物語』で第130回直木三十五賞、2011年『西巷説百物語』で第24回柴田錬三郎賞など、数多くの受賞歴がある。
代表作に「百鬼夜行シリーズ」「巷説百物語シリーズ」「豆腐小僧シリーズ」など。

京極夏彦の作品

陰摩羅鬼の瑕(おんもらきのきず) (講談社ノベルス)を本棚に登録しているひと

ツイートする