九十九十九 (講談社ノベルス)

著者 :
  • 講談社
3.31
  • (60)
  • (77)
  • (251)
  • (35)
  • (13)
本棚登録 : 775
レビュー : 113
  • Amazon.co.jp ・本 (608ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061823068

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 三島由紀夫賞作家っぽい書き方。
    クセになります。

  • 擬音を含む表現法の多種多様さに飲み込まれてしまいました。最初はユニークな面白さに流されていましたが、あるあたりから真剣にならないとついていけない。
    未だに理解はできていないので時を置いてから読み返したいと思います。

    多分好き嫌いがはっきり分かれるであろう個性の強さ。

  • コラボ万歳

  • 初めて読んだときはよく分からなかったけど、3年経って読み返したらいろんなことが見えた。あの人が読者に要求してくる予備知識をちょっとは持てるようになったことの証かも、て思うと嬉しい。九十九十九、すきだ!

  • 途中天地逆さまのページがあったんですけど、態とですかね・・・?内容はグロイけど面白かったです。たまにどの「僕」の話かわからなくなったりしましたが。清涼飲流水先生のトリビューがこのような形になるとは!という驚きと、新たに神の存在定義を考えさせられた。面白い

  • 文学の極み
    小説という表現方法を考えさせられるエンターテイメント文学!
    醜いものの美しさへの憧れがあまりにも悲しい願望となってあらわれていたと分かったときのグロッキーさといったら、ないです。
    ひきずります。

  • ページ眺めて奇妙な歌声に惹かれ、それから一気に。中々面白かった。時々滑稽さが混じるのだけども。途中から予感がして、大体オチで合ってるとちょっと嬉しい。清涼院流水のは「コズミック」「JOKER」位しか読んでないんだけど。これは好き嫌い分れそうだ。

  • 数々のトリックは面白い。最終話もきゅんとなるが、やはりわかりやすさというのは大切だと思う。
    メタ的な構造が自分には合わなかった。
    JDCの九十九十九が活躍する話だと思ったが、違ったようだ。

  • <<「苦しさを感じるなら、僕なんて愛さなくていいんだ」。聖書/『創世記』/『ヨハネの黙示録』の見立て連続殺人を主旋律に、神/「清涼院流水」の喇叭が吹き荒れる舞台で踊りつづける超絶のメタ探偵・九十九十九の魂の旅が圧倒的文圧で語られる。"世紀の傑作"はついに王太郎の手によって書かれてしまった!「ハァレルゥヤ」。>>

    これを読んだのは表紙に惹かれて読んだだけ。で、まず第一話を読み終わって「どういうこと??」第二話の読みはじめで再び「どういうこと??」・・・まあ、読んだ人ならこの気持ちが分かるでしょう。
    この作品は好みが分かれるだろうけど、私的にはあまりおすすめできない。(今まで読んだ中で初めてのタイプだったけど)特に、分からないことはすごく気になってほっとけない人や、最後まで読むのに根気がない人には辛いだろう・・・いや、ほんとに。

  • もぅ舞城さんは神ですか!?ぐらいの勢い。とにかく最高!!!(2007/06/20)

全113件中 51 - 60件を表示

著者プロフィール

1973年、福井県生まれ。2001年『煙か土か食い物』で第19回メフィスト賞を受賞しデビュー。03年『阿修羅ガール』で第16回三島由紀夫賞を受賞。『熊の場所』『九十九十九』『好き好き大好き超愛してる。』『ディスコ探偵水曜日』『短篇五芒星』『キミトピア』『淵の王』『深夜百太郎』『私はあなたの瞳の林檎』など著書多数。12年には『ジョジョの奇妙な冒険』(荒木飛呂彦著)の25周年に際して『JORGE JOESTAR』を刊行。近年は小説に留まらず、『バイオーグ・トリニティ』(漫画・大暮維人)の原作、『月夜のグルメ』(漫画・奥西チエ)の原案、トム・ジョーンズ『コールド・スナップ』の翻訳ほか、短編映画『BREAK』や長編アニメ『龍の歯医者』の脚本、短編アニメ『ハンマーヘッド』の原案、脚本、監督などをつとめている。

「2018年 『されど私の可愛い檸檬』 で使われていた紹介文から引用しています。」

九十九十九 (講談社ノベルス)のその他の作品

九十九十九 (講談社文庫) 文庫 九十九十九 (講談社文庫) 舞城王太郎
九十九十九 (講談社文庫) Kindle版 九十九十九 (講談社文庫) 舞城王太郎

舞城王太郎の作品

ツイートする