九十九十九 (講談社ノベルス)

著者 :
  • 講談社
3.31
  • (60)
  • (77)
  • (251)
  • (35)
  • (13)
本棚登録 : 775
レビュー : 113
  • Amazon.co.jp ・本 (608ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061823068

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 自分には向いていないジャンルだと認識した。

  •  見る者すべてを卒倒させるほどの美形男子が主人公の物語。第二章の始め、主人公に手紙が届く・・・その内容が第一章。第三章の主人公は、第二章までの内容が書かれた手紙を受け取る・・・と続く。メタ小説、と呼ばれるらしい。2008.7.12-13.

  • <<「苦しさを感じるなら、僕なんて愛さなくていいんだ」。聖書/『創世記』/『ヨハネの黙示録』の見立て連続殺人を主旋律に、神/「清涼院流水」の喇叭が吹き荒れる舞台で踊りつづける超絶のメタ探偵・九十九十九の魂の旅が圧倒的文圧で語られる。"世紀の傑作"はついに王太郎の手によって書かれてしまった!「ハァレルゥヤ」。>>

    これを読んだのは表紙に惹かれて読んだだけ。で、まず第一話を読み終わって「どういうこと??」第二話の読みはじめで再び「どういうこと??」・・・まあ、読んだ人ならこの気持ちが分かるでしょう。
    この作品は好みが分かれるだろうけど、私的にはあまりおすすめできない。(今まで読んだ中で初めてのタイプだったけど)特に、分からないことはすごく気になってほっとけない人や、最後まで読むのに根気がない人には辛いだろう・・・いや、ほんとに。

  • 舞城なのにハズレ。
    最初の50ページと眼窩ファック以外に評価できる部分は無し。
    1/3で読む気がうせた。

    まあ、私が清涼院流水が大嫌いなのも一因か。

  • ---

  • 気になる作家で一度は読んでみたいと思ってたが、何か善し悪しより好き嫌いの問題と云うか。思考の面白さは興味深いが描写が受付けない…。しかし拭い難い不快感に襲われつつも、これだけ得体の知れない話を如何結末に持って行くのか気になって結局読破して仕舞うあたり、或る意味この本に負けた様な気はした。率直な感想としては、何か疲れた。…取り敢えず人には絶対薦めない。

著者プロフィール

1973年、福井県生まれ。2001年『煙か土か食い物』で第19回メフィスト賞を受賞しデビュー。03年『阿修羅ガール』で第16回三島由紀夫賞を受賞。『熊の場所』『九十九十九』『好き好き大好き超愛してる。』『ディスコ探偵水曜日』『短篇五芒星』『キミトピア』『淵の王』『深夜百太郎』『私はあなたの瞳の林檎』など著書多数。12年には『ジョジョの奇妙な冒険』(荒木飛呂彦著)の25周年に際して『JORGE JOESTAR』を刊行。近年は小説に留まらず、『バイオーグ・トリニティ』(漫画・大暮維人)の原作、『月夜のグルメ』(漫画・奥西チエ)の原案、トム・ジョーンズ『コールド・スナップ』の翻訳ほか、短編映画『BREAK』や長編アニメ『龍の歯医者』の脚本、短編アニメ『ハンマーヘッド』の原案、脚本、監督などをつとめている。

「2018年 『されど私の可愛い檸檬』 で使われていた紹介文から引用しています。」

九十九十九 (講談社ノベルス)のその他の作品

九十九十九 (講談社文庫) 文庫 九十九十九 (講談社文庫) 舞城王太郎
九十九十九 (講談社文庫) Kindle版 九十九十九 (講談社文庫) 舞城王太郎

舞城王太郎の作品

ツイートする