九十九十九 (講談社ノベルス)

著者 :
  • 講談社
3.31
  • (60)
  • (77)
  • (251)
  • (35)
  • (13)
本棚登録 : 775
レビュー : 113
  • Amazon.co.jp ・本 (608ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061823068

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 凄い。そう思うが面白くは無い。
    途中からグダグダしていく。
    ウロボロスの時も思ったが、入れ子構造のわけわからねーぜなんてのに付き合っているほど心が欲しているわけではない。
    時間に余裕があって論理を愉しみたい人だけが味わえばよい。そんな風に感じてしまう。
    俺はもっとサクサクと栄養素を受け取りたいのだ。
    そもそも見立てをじっくりと考え込む余裕なんてないし。
    言ってしまえばスルメなんだ。
    もし、俺が年をとっていろんなものをほげーとか言いながら考え込みたいときには読んでもいいかもしれないけど……という作品だと思う。そもそも舞城の死生観とは肌があわねーし。文章的なそれこそ会話文とかなるほどって思うけど、やっぱりゼロ年代っぽい香りがしてもう古くなっているななんてぼーっと考えてみたり、やっぱ中二的発想じゃね。みたいなことを裏読みしそうになりながら、作者は医者か教師なんじゃねとか推測してみて、いやいや、実は聖職者だったりしたら面白いかも。太田さん殺されて大変だ。てな纏らない感想もあり?

  • 清涼院流水作品読んだことないし、ほぼ意味不明。
    舞城作品ではおなじみの感想。
    連作短編集のようにも読める。

  • ぶっとびすぎてて逆に面白かった

  • 日常じぶんが何にリアルを感じて,何に感覚が刺激されて,どういうふうに感情が沸くのか,そういう無意識の部分をむき出しにして ほらって 見せつけられながら,これでもかっ!これでもかっ!って畳み掛けられるストーリー展開にへとへとになった.なんだろう,文字を読む以外の部分もものすごく使った気がする.

  • 10/06/28読了

  • 残念ながら元となっている「清涼院流水」を知らない。
    知識あればもっと楽しめたのかな。

    名探偵が犯人の考えを疑ってはいけないように、読者も作者の意図を考え出すと無限のループに巻き込まれる。

  • よーわからんかった笑
    でもところどころびっくりさせられたりはっとさせられたから★三つで。

  • これを読んで確実に頭が悪くなった。の第3号。
    究極までに奇怪で狂気で悪魔的で摩訶不思議な作品。JDCトリビュートの一つであり、どのトリビュートもぶっ飛んでいるがこれが一番頭がおかしい。
    昔読んだときはあんまりに意味が分んなくて泣きたくなった記憶がある。
    つまり、それだけ人を選ぶ。

    読み返すとまた違った感想が生まれるかも。

  • 舞城王太郎さんも大好き。なんじゃこりゃな内容ですが、読後せつない。
    映画の「オープン ユア アイズ」を思い出しました。

  • これ読んでから、コズミックに手を出したけど挫折。
    私の頭では、この本は理解不能だった。
    もう一回読んでみようかな・・・。

  • はい。壊れました。当時の私の理解を越えてたけど、今読んだらきっともうちょっと楽しめる。でも一番素敵なのは装丁だと思った。(桐切)

  • でも、もうオレ……清涼○流水は読まないんだ…………。

  • 三島由紀夫賞作家っぽい書き方。
    クセになります。

  • 擬音を含む表現法の多種多様さに飲み込まれてしまいました。最初はユニークな面白さに流されていましたが、あるあたりから真剣にならないとついていけない。
    未だに理解はできていないので時を置いてから読み返したいと思います。

    多分好き嫌いがはっきり分かれるであろう個性の強さ。

  • コラボ万歳

  • えっと、この作者様の作品は初めてだったんです。だから…なんていうか色々と衝撃を受けすぎて。
    正直何度か読みかけて終わろうかと思ったんです、でもやっぱり気になって。
    沈んでる時に読んだのが良かったのかな、色々と吹っ切れました。

  • 「苦しさを感じるなら、僕なんて愛さなくていいんだ」
    超絶のメタ探偵・九十九十九の魂の旅。

    聖書/『創世記(ジェネシス)』/『ヨハネの黙示録(アポカリプス)』の見立て連続殺人を主旋律に、神/「清涼院流水(せいりょういんりゅうすい)」の喇叭(ラッパ)が吹き荒れる舞台(ダンスフロア)で踊りつづける超絶のメタ探偵・九十九十九(つくもじゅうく)の魂の旅が圧倒的文圧で語られる
    ”世紀の傑作”はついに王太郎の手によって書かれてしまった!「ハァレルゥヤ!」
    /良し悪しの判断なんかできるかいっ!?

  • これを読んだ時点ではまだ本家を読んでいなかったので、この内容が事実かと・・・。
    後に本家を呼んで驚きました。舞城氏がトリビューとすると、こんな風になっちゃうんですね。

  • 「苦しさを感じるなら、僕なんて愛さなくていいんだ」
    超絶のメタ探偵・九十九十九の魂の旅。

    聖書/『創世記』/『ヨハネの黙示録』の見立て連続殺人を主旋律に、神/「清涼院流水」
    の喇叭が吹き荒れる舞台で踊りつづける超絶のメタ探偵・九十九十九の魂の旅が
    圧倒的文圧で語られる
    ”世紀の傑作”はついに王太郎の手によって書かれてしまった!「ハァレルゥヤ!」

  • うーーん。・・内容に向き合うというよりも、今までにない展開を楽しむ本?
    読んでいると大混乱してくるが、段々とその混乱が楽しくなってくる。そして、そんなハチャメチャさに振り回されるのが快感になってくる頃、その滅茶苦茶な世界や設定の意味が明かされてゆく・・・が、明かされる真実(?)が妙に普通の感覚的で、何だかちょっと白けてしまったり。
    文章はとてもテンポが良く、私はこの人の文章の緩急や違和感がとても好きだ。言葉のリズムはラストまで良かったと思う。何だかんだいってけっこう好きだったりする本。

著者プロフィール

1973年、福井県生まれ。2001年『煙か土か食い物』で第19回メフィスト賞を受賞しデビュー。03年『阿修羅ガール』で第16回三島由紀夫賞を受賞。『熊の場所』『九十九十九』『好き好き大好き超愛してる。』『ディスコ探偵水曜日』『短篇五芒星』『キミトピア』『淵の王』『深夜百太郎』『私はあなたの瞳の林檎』など著書多数。12年には『ジョジョの奇妙な冒険』(荒木飛呂彦著)の25周年に際して『JORGE JOESTAR』を刊行。近年は小説に留まらず、『バイオーグ・トリニティ』(漫画・大暮維人)の原作、『月夜のグルメ』(漫画・奥西チエ)の原案、トム・ジョーンズ『コールド・スナップ』の翻訳ほか、短編映画『BREAK』や長編アニメ『龍の歯医者』の脚本、短編アニメ『ハンマーヘッド』の原案、脚本、監督などをつとめている。

「2018年 『されど私の可愛い檸檬』 で使われていた紹介文から引用しています。」

九十九十九 (講談社ノベルス)のその他の作品

九十九十九 (講談社文庫) 文庫 九十九十九 (講談社文庫) 舞城王太郎
九十九十九 (講談社文庫) Kindle版 九十九十九 (講談社文庫) 舞城王太郎

舞城王太郎の作品

ツイートする