『アリス・ミラー城』殺人事件 (講談社ノベルス)

著者 :
  • 講談社
3.48
  • (32)
  • (44)
  • (81)
  • (10)
  • (7)
本棚登録 : 309
感想 : 71
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (297ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061823099

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • “主人公”という存在が安定していないため、登場人物を覚えるのが大変だった。
    中でも无多(ないだ)なんて何回もルビ振ってくれないと読めない。
    感情移入する間もなく話は進んでしまい、終わってしまった。
    正直何にも感じなかった。
    真相も驚かず、強引というか、アンフェアというか……
    これは色々言われても仕方ない気もする作品です(苦笑)

  • 一行目:午後三時を過ぎると雨が降り出した。

  • key word クローズドミステリー 城シリーズ3
    探偵 宝探し 見立て殺人

    ミステリー好きにはたまらないオンパレード。色々な死に方(?)があって、それぞれのトリックも面白いところだけど、この本、重要なのはもっと別のことで…。面白い。読み返して思案してもう一度読み直して想像して、何回も楽しめる♪

  • 読み終わった後、犯人がわかっても頭の中で?が浮かび、すぐには理解できなかった。殺人のトリックなどは奇抜で魅せられた。上手く騙されたなという印象。

  • まぁ良かったのではないでしょうか。
    犯人は最後まで分からなかったけど、
    真犯人が分かると、なるほどそうだったのかと
    頷ける真相でしたね☺️
    物語のテンポも早く、登場人物たちも個性的
    映像にすると見たくないシーンが
    多々あり、小説本で良かったと思います
    ミステリー好きには、オススメかも

  • ぜんぶ回収しきったかんじ
    ただ少し言い回しが癇に障る部分もあり

  • 一気読み!
    面白かったが、所々「?」となる箇所がある。
    もう一度読んだら分かるのかと思うが、そこまでしてって感じ。

  • 鏡の向こうに足を踏み入れた途端、チェス盤のような空間に入り込む―『鏡の国のアリス』の世界を思わせる「アリス・ミラー城」。ここに集まった探偵たちが、チェスの駒のように次々と殺されていく。誰が、なぜ、どうやって?全てが信じられなくなる恐怖を超えられるのは…。古典名作に挑むミステリ。

    孤島の連続殺人、探偵集合、物理トリック、楽しみに読んだのですが…
    トリックと犯人がわかってしまった…勿体ない。非常に勿体ない。バレバレじゃないか笑

    ネタバレ食らっていないミステリ初心者は今すぐ読みましょう。
    定番の本格ミステリの感覚を味わうお手本のような作品です。

    動機の壮大さが凄まじい(恍惚

    オススメマラソンその⑰
    二階堂さんから紹介してもらいました。

  • めちゃ面白かったー!!
    アリスの世界観の中で物理トリックあり、ミスリードあり、ホラーあり、スプラッタありw、叙述トリックあり、堪能しました。読み終わった後に調べれば調べるほど「そういうことだったのか!!」が出てきて本当にめちゃくちゃ楽しめた。読み終わったあと再読したくなる。登場人物の名前から何から凝ってるわ~。あとここ最近読んでた本格ミステリの古典ネタがたくさんちりばめられててそれもまたホクホク。動機がちょっとぶっ飛びすぎてたけど、それ以外は今年一番楽しめた本でした。

  • 城シリーズ、第3弾。

    これまでの2作に比べると、かなり普通な設定。
    そして、叙述トリックだった…。
    私の理解度が低すぎて、全然アッと出来なかった。

全71件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

2002年、『『クロック城』殺人事件』(講談社ノベルス)で第24回メフィスト賞を受賞しデビュー。代表作として、デビュー作に端を発する一連の〈城〉シリーズなどがある。

「2022年 『月灯館殺人事件』 で使われていた紹介文から引用しています。」

北山猛邦の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ZOO
乙一
舞城 王太郎
伊坂幸太郎
米澤 穂信
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×