怪人21世紀 中野ブロードウェイ探偵 ユウ&AI(講談社ノベルス)

著者 :
  • 講談社
2.89
  • (0)
  • (3)
  • (20)
  • (4)
  • (1)
  • 本棚登録 :42
  • レビュー :7
  • Amazon.co.jp ・本 (269ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061823211

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 2012/11/26
    復路

  • 街中の街頭カメラが今よりもっと普及した未来。
    人々の生活はいつもどこかで監視されている。

    コンピュータ技術も進み、街にはロボットが普及した。
    そんな中、コンピュータに重大なバグが発生。
    看板に使われていたロボットが暴走。
    街は騒然。
    事件の真相とは?
    一人のハッカーが立ち上がる。

    この本の発売当時にはありえないだろうと思われた未来が、
    今現実になろうとしている。
    純粋なSF作品としては面白い。
    作家も好きだ。

    だが、
    文体からだろうか、
    児童文学を読んでいるような感覚を受けてしまう。
    そのせいで面白さやハラハラする感じが薄れてしまっている。
    そこが残念。。

  • 木ノ花さくやによる漫画『エンカウンター -遭遇-』に登場する探偵・小林ユウが主役ということで読んでみたのですが「んー」といった感じ。

    持っているのが無駄にサイン本なんですけど……。

  • 『アンドロメディア』の登場人物ユウとAIによる、
    冒険探偵推理活劇?

  • 2003年7月読了

  • ユウが犯人だとしたら流れ的におかしくなるような気が・・・。プロットグチャグチャやん。
    専門知識があっても駄目なもんは駄目か。

全7件中 1 - 7件を表示

渡辺浩弐の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
渡辺 浩弐
米澤 穂信
宮部 みゆき
有効な右矢印 無効な右矢印

怪人21世紀 中野ブロードウェイ探偵 ユウ&AI(講談社ノベルス)はこんな本です

ツイートする