ヒトクイマジカル 殺戮奇術の匂宮兄妹 (講談社ノベルス)

著者 :
制作 : 竹 
  • 講談社
3.60
  • (520)
  • (446)
  • (1428)
  • (22)
  • (3)
本棚登録 : 4435
レビュー : 345
  • Amazon.co.jp ・本 (480ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061823235

作品紹介・あらすじ

「…具体的に、あなたは何の研究をしているのですか?木賀峰助教授」「死なない研究-ですよ」永遠に生き続ける少女、円朽葉をめぐる奇怪極まりない研究のモニターに誘われた"戯言遣い"こと「ぼく」は、骨董アパートの住人・紫木一姫と春日井春日とともに京都北部に位置する診療所跡を訪れる-が、そこに待ち受けていたのは凄絶な「運命」そのものだった!"一人で二人の匂宮兄妹"-"殺し名"第一位の「匂宮」が満を持して登場する、これぞ白熱の新青春エンタ。戯言シリーズ。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ヒトクイマジカル 殺戮奇術の匂宮兄妹 (講談社ノベルス)

  • ちとブレてきたか?台詞回しは面白いけど。

  • 【所在・貸出状況を見る】 https://sistlb.sist.ac.jp/opac/volume/207080

  • どーでもいいから、いい加減あたしのことを信用しやがれ! あたしの素晴らしさがなんで伝わらねえ、お前だって本当は分かってんだろ⁉ あたしは最高だろうが、それともそれが分からないほどお前は間抜けか⁉
    (P.397)

  • このシリーズって結構迷走が凄い。
    最初は本格ミステリの要素が垣間見えていた気がするんだが、異能バトルを経て何だかよく分からないキャラクタものになっている。

    面白い?

  • ヒトクイマジカル…ようやく読めた。と、言っても私がこの戯言シリーズに出会ったのは中学生の頃で、もう7年近くのときが流れているわけで。私がまたこうしてこの厄介な『物語』を読む気になったのも一つの『運命』というのでしょうか。しかし中学生のころ初めて学校の図書館で戯言シリーズの第一巻に当たる「クビキリサイクル-青色サヴァンと戯言使い」を読んだとき第一印象。それは、なんだこれ、意味わかんね…だった。それが今となっては、いーちゃんの戯言を楽しめるようになってきた。自分の思考がそこまで成熟したということだろう、恐らく。

    しかし西尾維新恐るべき…という気さえしてくる。どんな思考回路してたらこんな不可解で奇天烈で、、、一言で言えば「よく分からない」話が書けるんだろう。(頭が悪そうな言い方しかできなくてごめんなさい。文書力と語彙力を鍛えなければ)実に興味深い。その脳内を少しでも理解するために、私は彼の著作一覧からどんどんその世界観に浸かっていきたいと思う。

  • 【145】

  • 結末に向けてのクライマックス

    ・総評
    前作までと比べると、かなりストーリーに筋が入ってきていて、ああもうすぐ終わるのかな、と、おそらく知らない人でも感じてくる作品ではないでしょうか?
    最初、本の厚さを見た時はかまえてしまったのですが、テンポの良さは恐らく過去一番で、非常に読みやすいです。

    ・作品について
    主人公「いーちゃん」の人間性が豊か?になってくる様子は、切なさと嬉しさが同時にこみ上げてきました。
    特にそのきっかけとなるシーンは、衝撃→感動と良い意味で言葉になりません。

  • なんだか、今までとは違う雰囲気の作品。
    個人的に匂宮出夢くんが大好きです。
    キャラとしても、生き方としても。
    彼らが、二重人格かと思っていた私は読み込みが甘かった模様。
    途中分けが分からなくなってしまいました。

  • 【身勝手ばかりの運動会】

    死にたいから死ぬ。死ねといわれたから死ぬ。殺したいから殺す。殺せといわれたから殺す。生きたいと思ったから生きる。死にたくないと思ったから生きる。ただ、なんとなく死ぬし、ただなんとなく生きる。

    正しく狂う戯言シリーズ。結局全て等しく意味なんてないから。

全345件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

西尾 維新(にしお いしん)
1981年生まれの小説家、漫画原作者。立命館大学政策科学部中退。
2002年に『クビキリサイクル 青色サヴァンと戯言遣い』で、第23回メフィスト賞を受賞しデビュー。
主な代表作に、『クビキリサイクル』をはじめとした戯言シリーズ、『化物語』をはじめとした物語シリーズ、『刀語』などがある。

西尾維新の作品

ヒトクイマジカル 殺戮奇術の匂宮兄妹 (講談社ノベルス)を本棚に登録しているひと

ツイートする