ST 黄の調査ファイル (講談社ノベルス)

著者 : 今野敏
  • 講談社 (2004年1月発売)
3.41
  • (7)
  • (21)
  • (43)
  • (4)
  • (0)
  • 本棚登録 :129
  • レビュー :25
  • Amazon.co.jp ・本 (190ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061823501

ST 黄の調査ファイル (講談社ノベルス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ST6作目 色シリーズ3作目 ボタンの掛け違い

  • 宗教、思索について考えさせられる
    方向性が間違っていると、出口もないということなのか

  • 宗教、仏教、禅が絡んだ推理もの。最後の謎解きみたいな展開の楽しめた。

  • ST山吹の真意とは――
    心の闇、心の扉
    新興宗教の若者4人は集団自殺をしたのか

    密室状態のマンションの一室で、若者4人の死体が発見される。
    彼らは皆新興宗教団体の信者たちだった――。
    集団自殺と片付けられかけたが、STは他殺の可能性を追う。
    入り組んだ宗教団体内の人間関係と、揺れ動く人間心理。
    僧籍を持つST山吹が、事件だけでなく人の心の裏側を解く、「色シリーズ」第3弾。

  • なんか煮え切らない感じだった。

  • 座禅を組みたくなっちゃった。

  • ドラマで見た!
    そう思って読むとナンダカ面白い

  • 五人の中ではあまりフォーカスされない山吹さんがメイン。

    後半は、これミステリーだよね?と言いたくなったけど、山吹さんの背景が見れて楽しかった。

  • 山吹さんのコトバが胸に響いた。

  • 百合根警部が山吹さんちのお寺で修行するくだりがよかった。
    これで山吹さんの人となりが浮かび上がる。うまいな。

全25件中 1 - 10件を表示

今野敏の作品

ST 黄の調査ファイル (講談社ノベルス)はこんな本です

ツイートする