四季 秋 (講談社ノベルス)

著者 :
  • 講談社
3.48
  • (128)
  • (162)
  • (498)
  • (21)
  • (3)
本棚登録 : 1463
レビュー : 134
  • Amazon.co.jp ・本 (272ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061823532

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • だんだん保呂草が嫌いになってきた。

    萌絵と紅子の対談シーンがよかった。

    次はぜひ一家四人で歓談シーンを。

  • 図書館で借りて読んだけど、昔買って持ってたのが実家にあったっていう。。

  • 文庫版を読了

  • 四季が出てこない。
    ちょっとは出てくるけど、ほぼ犀川と萌絵の話。
    なんというか…
    急に色褪せた感じ。あの2人の話には、あまり興味がないんだなあ。
    特に、萌絵の恋する乙女っぷりが中学生のようで、なんとなく気持ち悪いんだよな…
    可愛いと思うよりは、ちょっといらっとする。同性だからかな。男性は、あれが堪らんのかな。

  • ここまで繋がりを考えていたとは…もう尊敬しかありません。
    知らなくても愛せる紅子と知らない方が愛せる萌絵。すごい台詞です。
    保呂草や林や四季の登場もワクワクするけれど、犀川先生と萌絵にはそのままでいてほしい。
    深い格言がいっぱいです。

  • 2016.12.15読了。

  • うわぁ、この巻で分かるんだ!と。多分ネタバレがなかったら、自分ここまで気付かなかったと思います。
    犀川先生、反応薄いなぁ。夢の競演ですね。

    突然現れる黒いドレス姿が素敵です。

  •  『四季・秋』を読み終えた後、改めて『すべてがFになる』をパラパラと捲ってみると、Fがかなり緻密に書かれた作品であることが分かります。だからこそ、ここまで物語を膨らませることが出来たのでしょうね(^^♪

     『四季・秋』は、犀川と萌絵を中心に描かれ、そこに保呂草と各務が絡んでくるという、S&MシリーズとVシリーズの外伝のような作品だった。萌絵と紅子が初めて会うシーンに、林が現れるという偶然?も嬉しい。犀川は、四季の残したメッセージに気づき、萌絵とともにイタリアへ旅立つ。そこに同様に、四季のメッセージを解いた保呂草が各務を伴って現れる。登場人物が狙っているものも予想がつく範囲に収まっており、乱発気味の叙述的な描写もなく、落ち着いて読み進めることができる。コアな森先生のファンにとっては、物足らない作品かも(・・?

     読メの皆さんのご感想・レビューを拝見すると、Vシリーズを飛ばしている方が多いですね。私は、一連の作品を読むことは、森先生の作家としての成長譚をトレースすることも楽しみの一つなのだと思うので、時系列に読んでいます。いつも悩むのは、見落とした伏線を拾うために、既に読んだ作品を再読するべきなのか、次に進むべきなのかです。

  • 犀川先と萌、保呂草と各務、それと真賀田四季。
    夏はF前だったけど、今回はF以降。
    フォローと言えるのかもしれないけど、何のためだったのかな。

  • 「すべてがFになる」の事件から数年後の話。

    レゴの可能性が広がるなー。

全134件中 1 - 10件を表示

四季 秋 (講談社ノベルス)のその他の作品

森博嗣の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

四季 秋 (講談社ノベルス)を本棚に登録しているひと

ツイートする