ネコソギラジカル (中) 赤き征裁VS.橙なる種 (講談社ノベルス)

著者 :
制作 : take 
  • 講談社
3.52
  • (389)
  • (386)
  • (1332)
  • (29)
  • (6)
本棚登録 : 4039
レビュー : 255
  • Amazon.co.jp ・本 (384ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061823990

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • いーちゃんの噂の友達がわかる巻

    個人的にビジュアルは微妙 笑

  • 正直真心のビジュアルに泣いた!放課後友人と買いに行って。
    真心尽くめで少し不満。
    ひかりさん(あかりさん)の登場は嬉しい。

  • あれよあれよという間に容赦なく登場人物が死んでいく戯言シリーズですが、「そこにいてくれたんだ」のシーンはずるいよ、いつまでも頭から離れない。人類最強と人類最終が激突します。そういえば、表紙の彼の人は、結局性別はどちらなんでしょう……?

  • そもそも長すぎるよ。3冊って。中だるみ対策は、まぁされてたけど。物語が加速されてるならもっと短くて良い。

  • 想影は強すぎるからこそ儚い

  • もはやなんでもあり。それがどうした!って開き直れます。スピード感は言うまでもなく天下一品。

  • やって後悔しないのとやらずに後悔しないのとでは、どちらを選ぶ?

  • だれかが死ぬたびにいちいち泣いてたら目が真っ赤になりました。でもいろんな人が帰ってきます。

  • 果たしてこの子は男か女か!?
    ・・・そんなことを題材にオフの子達とひたすら電話で喋ってました。
    口調は『おれ』だけどなんか服は女の子っぽいし、実際友達にいる『真心』でまごころって読むんですもん(汗)

  • 戯言シリーズ7冊目の6作目?
    佳境佳境終わりへとまっしぐら。

全255件中 91 - 100件を表示

著者プロフィール

西尾 維新(にしお いしん)
1981年生まれの小説家、漫画原作者。立命館大学政策科学部中退。
2002年に『クビキリサイクル 青色サヴァンと戯言遣い』で、第23回メフィスト賞を受賞しデビュー。
主な代表作に、『クビキリサイクル』をはじめとした戯言シリーズ、『化物語』をはじめとした物語シリーズ、『刀語』などがある。

西尾維新の作品

ツイートする