ネコソギラジカル (中) 赤き征裁VS.橙なる種 (講談社ノベルス)

著者 :
制作 : take 
  • 講談社
3.52
  • (389)
  • (386)
  • (1332)
  • (29)
  • (6)
本棚登録 : 4038
レビュー : 255
  • Amazon.co.jp ・本 (384ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061823990

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 08.03.22

  • ページをめくりたくない!!でも止められない戯言シリーズ第八弾!!

    あの零崎が胃袋キャラになって帰ってきた。
    本編をまとめるとそんな感じです…か?(オイ!!)

  • 蒼が死ぬという結末はありえないのだと思わずにはいられなかった。最後に出てきた人識。それと青の話。面白い。

  • 2005/6:思えば、前巻で喜びすぎたんですよ……本当に西尾は萌えキャラ殺しだなっ!!(泣) 物語もいよいよ最終ラウンド。勢いのままに突っ走るのがよろしいかと。涙を拭いて立ち上がれ。こんな辛い局面の中、人識の登場には諸手をあげて喜びました。

  • わたしはこの巻あたりでいーちゃんの本名が出ると思ってた。 勘違い乙。

  • 人類最終もかあいいです

  • あー死んじゃったよマジでか死んだのか!と目を疑うくらいあっさりと逝ってしまうから余計に切ない、最後まで妹のことを想っている兄に涙でした

  • 悲しくて何回もよみました。
    頑張れ!戯言遣い!世界を救え!」

  • 萌太くーーーん!
    出夢くーーーん!

  • 個人的には下手すると家出兄妹の方が印象に。

全255件中 81 - 90件を表示

著者プロフィール

西尾 維新(にしお いしん)
1981年生まれの小説家、漫画原作者。立命館大学政策科学部中退。
2002年に『クビキリサイクル 青色サヴァンと戯言遣い』で、第23回メフィスト賞を受賞しデビュー。
主な代表作に、『クビキリサイクル』をはじめとした戯言シリーズ、『化物語』をはじめとした物語シリーズ、『刀語』などがある。

西尾維新の作品

ツイートする