ネコソギラジカル(下)青色サヴァンと戯言遣い (講談社ノベルス)

著者 :
制作 : take 
  • 講談社
3.64
  • (555)
  • (387)
  • (1282)
  • (34)
  • (8)
本棚登録 : 4266
レビュー : 354
  • Amazon.co.jp ・本 (384ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061824003

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 「戯言シリーズ」最終巻。
    必死に読んだけど、素直におもしろくて先が気になる!!という感じではない。物語が二転三転四転・・・何転するね~ん、というぐらいに転がりに転がった3冊でした。

    ラストはまさかのハッピーエンド・・・といいたかったところですが、いつも思うんですが、内容が予測できてしまうイラストを表紙及び裏表紙に入れるのはやめようよ・・・

  • 「戯言シリーズ」最終巻。
    必死に読んだけど、素直におもしろくて先が気になる!!という感じではない。物語が二転三転四転・・・何転するね〜ん、というぐらいに転がりに転がった3冊でした。

    ラストはまさかのハッピーエンド・・・といいたかったところですが、いつも思うんですが、内容が予測できてしまうイラストを表紙及び裏表紙に入れるのはやめようよ・・・

  • え?最終章はまさかの数年後の大団円。風呂敷は畳んだけれど、ラブロマンス飛ばしたな。

  • ついに終わったーー!!って。


    ハッピーエンドで終わってよかったな。

    大団円。

  • 戯言シリーズでは一番面白かったかも。ちょっと予定調和な感じもするが。

  • んー!
    そう終わったか、うん、納得しました。

    ありがちーとは思うけど、でも充分楽しかった。
    西尾維新、またゆるゆる読みたいな。

  • 3巻分の最後としては、
    するするっと読めた。

    青色サヴァンとの別離とか
    人類最強vs人類最終とか
    いろいろあったけど、やっぱり全部ひっくるめて面白かった、かな??

  • 読み終えられて嬉しい( ´ ▽ ` )達成感

  • 戯言シリーズ大団円。なんだかんだでハッピーエンド。
    哀川さん曰く、「大好きな誰かのためなら、あたしはいくらでも強くなれるし-なんでもできる。それって絶対に悪いことじゃ、ねーだろ?」
    戯言シリーズはまさに誰かのために強くなる、誰かのためなら強くなれる、そういう物語だったと思います。
    何度か挫折しかけたけど、このシリーズ全部読んでよかったです。

  • ハッピーエンドでよかったね(´▽` )
    でも私は戯言シリーズは初期ほど好きです。
    いーちゃんは後半ちょっと人間臭くなりすぎた感じ。
    「メッチャおもしろかった!」って思ったんは「クビキリサイクル」だけやけど、
    何か知らんけど別のシリーズも読みたくなってしまう。
    文章が個性的かつ読みやすいからやろうか。

全354件中 21 - 30件を表示

著者プロフィール

西尾 維新(にしお いしん)
1981年生まれの小説家、漫画原作者。立命館大学政策科学部中退。
2002年に『クビキリサイクル 青色サヴァンと戯言遣い』で、第23回メフィスト賞を受賞しデビュー。
主な代表作に、『クビキリサイクル』をはじめとした戯言シリーズ、『化物語』をはじめとした物語シリーズ、『刀語』などがある。

ネコソギラジカル(下)青色サヴァンと戯言遣い (講談社ノベルス)のその他の作品

西尾維新の作品

ツイートする