ネコソギラジカル(下)青色サヴァンと戯言遣い (講談社ノベルス)

著者 :
制作 : take 
  • 講談社
3.64
  • (555)
  • (387)
  • (1282)
  • (34)
  • (8)
本棚登録 : 4266
レビュー : 354
  • Amazon.co.jp ・本 (384ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061824003

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • という訳で最終回の最終巻。なんでしょう…?いろいろ中をすっ飛ばしてるからですかね、今までに比べるとなんか…普通。

  • ついに最終巻を読み終えた。なんて──心地良い締め方。
    戯言シリーズの世界観が大好きだ。その設定の作り込みには感嘆する。
    最後が、最期の破壊力がヤバかった。

    狐面の男にしてやられた。
    敵のくせに、人類最悪のくせに。
    どうして最期になって、憎めなくなってしまうのか。
    西尾維新が憎い。

    哀川潤にしてやられた。
    おいおいそりゃなんて御都合主義だ、と言いたくなるが人類最強なら仕方ない。

    もう、この壮大な物語を簡潔にまとめることなんて出来ない。
    ただ一言。

    最高に面白かった。

  • ひどくどんでん返しで楽しくて悲しくて嬉しいお話。
    これぞハッピーエンド!

  • ぼくの不思議な世界。

  • 終わっちゃった…。
    でも、楽しかったです、ほんと。
    読んで良かった

  • 戯言シリーズ第6弾最終章下巻
    「生きている以上、世界の終わりを物語の終わりを、諦めることはできない」
    “人類最悪の遊び人”たる「狐面の男」は「ぼく」こと“戯言遣い”に断言する。
    玖渚友との決別。想影真心の暴走。そして、復活する哀川潤…。
    シリーズすべてを貫く伏線の楽譜は絡まり合い、一気に奔流をはじめる!

  • 良く言えば、読者に想像の余地を残した。悪く言えば、伏線を張りすぎ回収仕切れなかった物語。

    この物語を素晴らしいと思うか、最低最悪のストーリーと思うかは、読み人次第。

    まあ、これも一種の戯言ですが。

  • バッドエンドとは言わない。けれど涙が出た。
    感動とは違う、どちらかというと寂しい方の、哀しい方の涙。
    彼女はどんな気持ちで生きることを選んだのだろう。
    彼女にとっての"青"はどんなものだったんだろう。

    このお話は素敵な終わりで、素敵な始まりなんだと思います。

  • 三冊分のボリュームの「戯言」はさすがにきつかった……。さすが完結編、オールキャラ総出演、といった感があります。思わず前作引っ張り出してチェック入れちゃった。
    今回はさほどミステリの謎解きっぽい部分はなし。「いーちゃん」の過去の秘密? についても分かったような分からんような……というよりここに来て伏せ字ってのはないでしょ、ってのが一番の感想かもしれません。
    ストーリーとしてはとにかく派手。この巻で新たに登場するキャラがまた濃いし。ラストの展開はさらにど派手。さすが最終回。でも後味はすっきり治まったのでよかったかな、と。

  • 表紙ネタバレすぎる

全354件中 61 - 70件を表示

著者プロフィール

西尾 維新(にしお いしん)
1981年生まれの小説家、漫画原作者。立命館大学政策科学部中退。
2002年に『クビキリサイクル 青色サヴァンと戯言遣い』で、第23回メフィスト賞を受賞しデビュー。
主な代表作に、『クビキリサイクル』をはじめとした戯言シリーズ、『化物語』をはじめとした物語シリーズ、『刀語』などがある。

ネコソギラジカル(下)青色サヴァンと戯言遣い (講談社ノベルス)のその他の作品

西尾維新の作品

ツイートする