熊の場所 (講談社ノベルス)

著者 :
  • 講談社
3.53
  • (39)
  • (44)
  • (123)
  • (5)
  • (2)
本棚登録 : 315
レビュー : 52
  • Amazon.co.jp ・本 (161ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061824072

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 軽く読めます。これはこれで。

  • 各短篇にどういう趣旨があるのか、全く予想させない舞城節。読み進めていくと期待を裏切らないものがちゃんと返ってくる。表題作はそのメッセージがずばり胸を衝いてきた。「バット男」はちょっと分かりづらいけど、なかなか示唆的。「ピコーン!」は舞城ならではの変格ミステリーとして楽しいし、まさかアレが最後感動的に使われるとは…(絶句)

  • 「ピコーン」のほうがいいなあ・。

  • どの作品も面白かった。特に、熊の場所の「恐怖を消し去るには、その源の場所に、すぐに戻らねばならない」という言葉が胸に残った。

  • 熊の場所のショタホモ展開ににやにやした

  • 馬鹿や阿呆によってもたらされる理不尽な暴力に対峙するお話3篇。

    そういう意味では「スクールアタック・シンドローム」も同じテーマなのかも。
    あれでも「熊」とか「マタギ」とか言ってたよね?沢チンのクラスメイトに「スクールアタック…」の奇跡の学校襲撃グループと同名の子いるよね?

    普通に読んでたら突然暴力があって死があって否応なしにミステリになるんだけど、探偵役が天才だから速攻で謎解きして事件そのものは解決して、でも人生は続いていく。このスピード感。最高です。

    「熊の場所」は舞城短編の中で一番好き。

    久しぶりに「バット男」読んだら初読の時より断然面白く感じた。

    「ピコーン!」のチョコちゃん、超いい女。
    『一人ごっつ』のこの回、見たことあるわー。

  • 熊の場所、ピコーン!が特に好き

  • こんな文圧で大丈夫か?
    こんな内容で大丈夫か?
    こんな文法で大丈夫か?
    こんな3篇で大丈夫か?
    こんな異常で大丈夫か?
    こんな殺戮で大丈夫か?
    こんな西暁で大丈夫か?
    こんな舞城で大丈夫か?
    こんな世界で大丈夫か?
    こんな場所で大丈夫か?
    こんな少年で大丈夫か?
    こんな学校で大丈夫か?
    こんな死体で大丈夫か?
    こんな犯人で大丈夫か?
    こんなフェラチオで大丈夫か?

    大丈夫だ問題ない。

  • 福井などを舞台とした作品です。

  • 舞城作品に多く見られる (気がする) 、熊の場所みたいな物語の組み立て方は割と好きだなー、とか。ぱっと上手く抽象化して言葉にできないので説明はしないけど。これが国語力の低下か…!

全52件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1973年、福井県生まれ。2001年『煙か土か食い物』で第19回メフィスト賞を受賞しデビュー。03年『阿修羅ガール』で第16回三島由紀夫賞を受賞。『熊の場所』『九十九十九』『好き好き大好き超愛してる。』『ディスコ探偵水曜日』『短篇五芒星』『キミトピア』『淵の王』『深夜百太郎』『私はあなたの瞳の林檎』など著書多数。12年には『ジョジョの奇妙な冒険』(荒木飛呂彦著)の25周年に際して『JORGE JOESTAR』を刊行。近年は小説に留まらず、『バイオーグ・トリニティ』(漫画・大暮維人)の原作、『月夜のグルメ』(漫画・奥西チエ)の原案、トム・ジョーンズ『コールド・スナップ』の翻訳ほか、短編映画『BREAK』や長編アニメ『龍の歯医者』の脚本、短編アニメ『ハンマーヘッド』の原案、脚本、監督などをつとめている。

「2018年 『されど私の可愛い檸檬』 で使われていた紹介文から引用しています。」

熊の場所 (講談社ノベルス)のその他の作品

熊の場所 (講談社文庫) Kindle版 熊の場所 (講談社文庫) 舞城王太郎
熊の場所 単行本 熊の場所 舞城王太郎
熊の場所 (講談社文庫) 文庫 熊の場所 (講談社文庫) 舞城王太郎

舞城王太郎の作品

ツイートする