邪魅の雫 (講談社ノベルス)

著者 :
  • 講談社
3.48
  • (234)
  • (372)
  • (918)
  • (49)
  • (17)
本棚登録 : 3174
レビュー : 400
  • Amazon.co.jp ・本 (824ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061824386

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  •  山下さんかっこよくなったなあ、とか、関口先生今回よくしゃべったなあ、とか、色々あるんですが、とにかく百器徒然袋(雨)で赤ちゃんを可愛がる榎さんの可愛さに「YOUもう結婚して子作りしちゃいなYO」と思った結果がコレだよ!
     いつにも増してシンプルかつ真相がわかるまではややこしい事件。事態が進展するまでは正直ダレましたが、新たな犠牲者が出てからはスピーディーでした。陰摩羅鬼で真相がわかりやすかったのは、京極堂作品は基本シンプルな事件がいくつも起きて繋がったり重なったり撹乱し合ったりで謎めくのに対し、陰摩羅鬼は事件(出来事)自体は一つだったからじゃないかなあと今更思ったり。
     作中でも指摘された通り、構造自体は蜘蛛と似ているけれど、真相が明らかになったとき発覚するのは犯人の小ささ。まさに邪な雫。ちっぽけなものが人を狂わせてこの惨事。まさか百器徒然袋(雨)の最初の事件がコレの伏線というか前置きだったとは……とりあえず従兄弟殿に合掌。そんなつもりはなかったろうに切っ掛けになっちゃったんだもんなあ。
     生き残った彼女のこれからがどうなるのか、榎さんに伴侶はできるのか、関口先生は作家として成長するのか、タイミング的に次は再び木場さんメインかなあとか思いつつ、いつになるかわからないけど次巻を楽しみに待ってます。

  • 恐らく初版以来の再読。
    さて…この胸のもだもだを解消してくれる本編の新刊が出てくれることを願ってやまないのですが。
    もだもだとは、関君と益田の地味な道行きと、郷嶋と青木に鼻血吹くわ、という点です。

  • 事象が、発信・伝達者や受け手により変容していく。
    それにより、殺されるべきでない人々が殺される。

    加害者と被害者の関係・全体像をつかむのに大変だった。

  • 前作がややパワーダウンしたかな?という印象でしたが、持ち直した感じです。ただおどろおどろしさは少ないです。禁忌的なテーマも無いしね。
    黒幕の人の肝心な所の心情や榎木津の発言・行動の描写が割と少なくサラッとしてる分想像すると楽しめるのですが、直接知りたい読みたいという人には物足りないかもしれません。

  • 盛大な失恋話。
    どこまでもかっこいい榎木津探偵関係のお話です。ちょいちょいしか出てこないのに良いところ掻っ攫っていく。
    京極堂シリーズには珍しく、あまりウンチクが出てこないので普通の推理小説として読めました。
    ただ、郷嶋さんはお仕事空振りでしたね。それとも海をさらうのかな?

  • エノさんの女性関係

  • 妖怪蘊蓄がない為かなんとなく物足りなさを感じました。とはいえ、随所にお気に入りのシーンとかがありそこそこ楽しめました。相変わらず人物相関図がないと訳分かりません…(笑)

  • 著者のサイン入り本を持っていて、家宝。榎木津が増田の名前を呼ぶところで身悶えた。

  • 関口が結構喋っていて感動した。でも、関口はまた事件後鬱になるんだろうな。
    山下が大活躍していた。十円禿があっても今の山下の方がかっこいいと思うよ。
    あと大鷹うぜえと単純に感じた。『百鬼夜行 陽』でも合わなかった。

  •  榎木津の過去編。薀蓄成分はやや控えめ。坊さんのお話の三分の一程度だろうか? では誰がストーリーを回していくかというと、主に青木と益田。関くんはピンポイントで登場し、中々に骨のある一面を見せています。彼、自分のためではなく誰かのためになら必死になれるのね。行き過ぎれば自棄にも繋がる――鬱症状を持つ方の一側面ですね。夫婦仲がちょっと心配だが新作で触れられるんでしょうかね? 青木と某公安のやり取りは、テレ朝の刑事ドラマを見てるかのスリリング感がありました。刑事物の醍醐味。――最後まで読んだ末に、人を突き放すには勇気が要るということを私は学習しました。大切な人間を傷つけぬよう振る舞うのにも。

著者プロフィール

京極 夏彦(きょうごく なつひこ)
1963年、北海道小樽市生まれ。小説家としてだけでなく、世界妖怪協会・世界妖怪会議評議員(肝煎)など妖怪研究家であり、他にも装幀家、アートディレクター、俳優など様々な顔を持つ。
広告代理店を経てデザイン会社を設立。1994年、そこで暇つぶしに書いた『姑獲鳥の夏』を講談社に送ったところ極めて評価を受け、同年、即出版・デビューに至る。瞬く間に執筆依頼が殺到する人気作家に上り詰めた。
1996年に『魍魎の匣』で日本推理作家協会賞、1997年『嗤う伊右衛門』で第25回泉鏡花文学賞、2002年『覘き小平次』で第16回山本周五郎賞、2004年『後巷説百物語』で第130回直木三十五賞、2011年『西巷説百物語』で第24回柴田錬三郎賞など、数多くの受賞歴がある。
代表作に「百鬼夜行シリーズ」「巷説百物語シリーズ」「豆腐小僧シリーズ」など。

京極夏彦の作品

ツイートする