QED 鏡家の薬屋探偵 メフィスト賞トリビュート (講談社ノベルス)

制作 : メフィスト編集部 
  • 講談社
2.91
  • (1)
  • (4)
  • (12)
  • (2)
  • (3)
  • 本棚登録 :85
  • レビュー :16
  • Amazon.co.jp ・本 (264ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061827349

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 西澤保彦×QEDに大笑いさせていただきました。外嶋さん、グッジョブ!

  • アンソロジーらしいが元を知らないで読了。

  • QEDと鏡家と薬屋のアンソロ。元ネタは既読なので、大丈夫と思ったら、よりによって鏡家をすこんと忘れてて困った。なんとか思い出して既読。

  • 椹野道流「薬剤師とヤクザ医師の長い夜」※鬼籍通覧シリーズ

  • トリビュートという発想が面白かった。

    自分の作品を入れつつ書かれていたが不自然じゃなく良かった。

  • アンソロ
    鏡家のは読んだことなかったからわけわかめ
    タタルさんが原作より優しくないか?w外嶋さんのダイエットのはなしは目鱗戦慄
    妖怪探偵のは両方ともすきな感じだった。ザキカレー食べてみたいw

  • 【収録作品】「漂流カーペット」 竹本健治/「外嶋一郎主義」 西澤保彦/「薬剤師とヤクザ医師の長い夜」 椹野道流/「リベザル童話『メフィストくん』」 令丈ヒロ子/「一杯のカレーライス」 時村尚
    元ネタを知らないと面白さが半減するようだ。薬屋しか知らないのでそこからの推測だけど。

  • 題名そのまま、QEDと鏡家と薬屋探偵の
    別の人達が書いた、こんな事もあるかも話。

    知っているのは薬屋だけでしたが、最初に説明が少し載っているので
    それを見て、こんな話なのか、と思うくらい。
    もうそこは読んでも忘れて、普通の話として読んでも大丈夫かと。
    どういう内容なのか知らなくても、面白く読めましたし。

    題名の登場人物ばかりか、書き手の登場人物や
    書いた事がある人物などが出てきて
    それはそれで面白かったです。

    ただ、さっぱり分からないのは西澤保彦さんの話。
    一体誰が関係者で、誰が普通(?)の人達なのか。
    これだけが、本編を読まなければさっぱり、でした。

  • (収録作品)鏡家サーガ(漂流カーペット(竹本健治))/QED(外嶋一郎主義(西澤保彦)/薬剤師とヤクザ医師の長い夜(椹野道流))/薬屋探偵妖綺談(リベザル童話『メフィストくん』(令丈ヒロ子)/一杯のカレーライス(時村尚))

  • 鏡家サーガとQEDコラボの為に購入。西澤先生のが一番面白かったw

全16件中 1 - 10件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三浦 しをん
綾辻 行人
京極 夏彦
有効な右矢印 無効な右矢印

QED 鏡家の薬屋探偵 メフィスト賞トリビュート (講談社ノベルス)はこんな本です

QED 鏡家の薬屋探偵 メフィスト賞トリビュート (講談社ノベルス)を本棚に登録しているひと

ツイートする