キョウダイ (講談社ノベルス)

著者 :
  • 講談社
3.46
  • (2)
  • (10)
  • (13)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 46
レビュー : 17
  • Amazon.co.jp ・本 (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061828018

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • イヤミス、と言っていい作品。そこそこの年月にわたって苦しめられる感じがなんとも。登場人物を取り囲むまがまがしさというかどんよりした感じとか、好みは分かれるだろう。個人的にはそんなに得意ではないんだけども、こういう作品は意外と多い。なるべく出会わないようにしたい。

    が、評価は別。しっかり作り込んである気がする。

  • どこかで見たトリックではあるものの話しは面白かった

  • 久しぶりにこんなに後味の悪い話を読んだ。
    人間が怖いタイプのホラーミステリー。

  • 妻と一人娘と、平凡ながら幸せで満ち足りた生活を送る主人公。しかし、ある晩妻が取り出して見せた小学校の卒業アルバムを見て、封印した過去の記憶が蘇る。北海道M市の通称「餓死町」で、義父の暴力とクラスメイトからのいじめに耐え、原因不明の難病に罹った双子の弟の看病をする凄惨な生活を送っていた。

    前評判通りの後味の悪いイヤミスだった。ミステリ的にはそう大した驚きはなく、黒幕は最初から怪しかったし、どんでん返しも双子が出てくるミステリと言えばお約束のところ。しかしそれ以上に人間の恐ろしさを描いたホラー作品として面白かった。

    あの男ももちろんゲスだが、一番怖いのは妻の洋子じゃなかろうか。結局、彼女の本心としてはどっちだったのだろう?こんなことのために自分の人生を犠牲にして……そういう風にマインドコントロールして育てられたから疑問を持たなかったのだろうか。

    ラストの、烏のキョウダイの目線で書かれた真相はなかなか凝っていて面白い。

  • この間読んだ『オールスイリ』に紹介されてたもの。本格ミステリーとホラーを合わせたもの、というので楽しみにしてたけど、あんまり本格ミステリっぽくはないような。非常に後味の悪い作品だ。つーか、グロい。皮膚病関係ってどうしてこんなに気持ち悪く感じるのか。それよりも義父の恐ろしさ。いや、それよりも妻・洋子の方がグロいか。親の復讐のために結婚までするか?しかし洋子の本心はどっちなわけ?子供は?義父と一緒に笑ってたってほんとなの?主人公の被害妄想??しかし、いつの世も犯されて子ども産まされて、女はなんてかわいそうなんだ。そんな子をよく産む気になるな。最後のキョウダイを看ている、ってのは誰のことなんだ?なんかすっきりしないわー。

  • ばらのまち福山ミステリー文学新人賞優秀作ということで読んでみました。ミステリーとホラーの融合でおどろおどろしいです。

  • ある意味定石の展開。
    どんでん返しという意味でなら、弱い。
    文章も、それほど書き慣れていないのでしょうか?小説としては物足りない。

    が、中盤の鬼畜な展開には引き込まれました。
    あの勢いで、終盤も本当の意味でどんでん返しをかましてくれたら、もっと高評価だったかと。
    普通でした。残念。
    でも少年期のヒリヒリした残酷な展開は素晴らしかった。それだけに、ラストに期待し過ぎてしまった。

    ステロイド全身投与……?
    治癒力が強烈な分、後遺症も酷いはす。そんな簡単にキレイになりますか。たまたま彼は幸運だった?
    どうなんでしょう。ちゃんと取材しての描写なのですかね。

  • ばらのまち福山ミステリー文学新人賞優秀作(3回)

  • すっかり嵌まりこみ、気付けば1時間半ほどで読み終えていた。
    ラストが面白い。
    グロい描写があって読後感が悪い小説が好きな人は満足出来る筈。

  • イヤミスであり、上質の仕掛けを配して二転三転のどんでん返しがある意味胸糞悪い。
    しかしミステリーとしては傑作かな。

全17件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1977年北海道旭川市生まれ。北海学園大学卒。2010年に『キョウダイ』が島田荘司選 第3回ばらのまち福山ミステリー文学新人賞優秀作となり、デビュー。他に『セカンドタウン』(講談社ノベルス)がある。

「2017年 『ギキョウダイ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

キョウダイ (講談社ノベルス)のその他の作品

嶋戸悠祐の作品

ツイートする