虚空の糸 警視庁捜査一課十一係 (講談社ノベルス)

著者 :
  • 講談社
3.44
  • (2)
  • (17)
  • (22)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 122
レビュー : 23
  • Amazon.co.jp ・本 (272ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061828698

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 好調シリーズ第4作。小柄ながらも強い想いを持った
    女性刑事「如月塔子」。派手さはないながらもその
    上司でもありパートナーでもある「鷹野」との
    コンビネーションも板に付き安定したシリーズとして
    読める作品。

    今作の事件の口火をきる殺人事件はマンモス団地で
    発見された男の刺殺遺体。被害者自身がナイフに
    ナイフを持たせ稚拙に自殺偽装された遺体だった。
    いつもより派手さの内一見単純な殺人事件は
    思わぬ方向へと発展。犯人自らの警察への脅迫に
    よりその明らかになる真意。都民千三百万人を
    1日1人づつ無差別に殺人をするという...予告。
    その身代金は2億円。
    絞り込みのないような事件は塔子の所属する
    十一係と特殊班の合同捜査によって解決に
    乗り込む。

    なかなかに大きな展開に高揚感は自然と
    高まりますが、捜査そのものは苦戦一方で
    犯人側からの指示、そしてそこで犯した
    小さなミスによってその全ての真相が
    明かさされる結末には...少しだけ肩透かし感が
    否めない。面白いんですが...圧倒的なスーパー刑事が
    登場しない今シリーズとしては仕方ない...かな?
    広げようによってはもっと緊迫感とスケールの
    大きい作品になったような気もするだけに...。
    小振りの作品の印象になってしまうのが惜しい。

  • シリーズ三作目だと思ったら四作目。都民全員が殺害の標的というのは、昔、西村京太郎の作品にもあったような覚えがある。犯人の動機などまったくの予想外だった。

  • 十一係シリーズ4作目。

  • 面白かったです。
    が、読んだ事があるようなお話でした。

  • なかなか面白かった。
    終盤の二転三転はミステリの面白さが出ていて良かった。

  • 2013/04/14読了

著者プロフィール

1965年、千葉県生まれ。2006年『ヴェサリウスの柩』で第16回鮎川哲也賞を受賞しデビュー。ドラマ化され人気を博した「警視庁殺人分析班」シリーズに『石の繭』『水晶の鼓動』『蝶の力学』『雨色の仔羊』などがある。「警視庁文書捜査官」シリーズに『警視庁文書捜査官』『永久囚人』などがある。その他の著作に『深紅の断片』など。

「2019年 『奈落の偶像 警視庁殺人分析班』 で使われていた紹介文から引用しています。」

麻見和史の作品

ツイートする