三姉妹、舞踏会への招待 三姉妹探偵団(23) (講談社ノベルス)

著者 :
  • 講談社
3.40
  • (1)
  • (6)
  • (7)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 56
レビュー : 8
  • Amazon.co.jp ・本 (248ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061828810

作品紹介・あらすじ

佐々本家の三姉妹は、しばしば事件に巻き込まれてしまう名物“三姉妹”――長女綾子は二十歳の大学生、次女夕里子は十七歳の高校生、三女珠美は十五歳の中学生だ。ある夜、三姉妹のもとへ届けられたのは舞踏会への招待状。差出人は綾子の同級生で、ヘリコプターで通学する裕福な帰国子女・貴子だった。五年に一度開かれる、絢爛豪華な舞踏会――しかし、出席者リストに死んだはずの貴子の叔父の名が見付かり、人気子役アイドルとその追っかけ男が舞踏会に乱入、さらには殺人事件まで発生! もっとも危険な舞踏会の結末とは!?

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • よくまとまっていて面白かった。
    メイちゃんが、妙に大人びていて、でも擦れているという感じでもなくて、いい味を出してる。

    けど、君平氏とメイちゃんのお母さんは、昔一体何があったのか?

  • 佐々本家の三姉妹は、しばしば事件に巻き込まれてしまう名物“三姉妹”――長女綾子は二十歳の大学生、次女夕里子は十七歳の高校生、三女珠美は十五歳の中学生だ。ある夜、三姉妹のもとへ届けられたのは舞踏会への招待状。差出人は綾子の同級生で、ヘリコプターで通学する裕福な帰国子女・貴子だった。五年に一度開かれる、絢爛豪華な舞踏会――しかし、出席者リストに死んだはずの貴子の叔父の名が見付かり、人気子役アイドルとその追っかけ男が舞踏会に乱入、さらには殺人事件まで発生! もっとも危険な舞踏会の結末とは!?

  • 佐々本家の三姉妹は、しばしば事件に巻き込まれてしまう名物“三姉妹”
    ――長女綾子は二十歳の大学生、次女夕里子は十七歳の高校生、三女珠美は十五歳の中学生だ。
    ある夜、三姉妹のもとへ届けられたのは舞踏会への招待状。
    差出人は綾子の同級生で、ヘリコプターで通学する裕福な帰国子女・貴子だった。
    五年に一度開かれる、絢爛豪華な舞踏会
    ――しかし、出席者リストに死んだはずの貴子の叔父の名が見付かり、人気子役アイドルとその追っかけ男が舞踏会に乱入、さらには殺人事件まで発生! もっとも危険な舞踏会の結末とは!?
    (アマゾンより引用)

    やっぱ犯人こいつやった(o`∀´o)
    って感じで分かりやすかった(o`∀´o)
    けど、貴子さんの父親とアイドルの母親の繋がりって何やったっけ??

  • 三姉妹探偵団シリーズ。
    ものすごく久しぶりに三姉妹探偵ものを読んだ。
    長女の友人から招待された舞踏会、なぜか出席者リストには死んだはずの友人の叔父の名が。ゲストの小学生アイドル・ストーカー男なども巻き込み、もっとハチャメチャだと思ってたいたが、ちゃんとしたストーリー展開でなかなか面白かった。
    シリーズ、一話から読んでみようかと思う。
    (図書館)

  • 10年ぶりぐらいにこのシリーズ読みました。ああ、そうだった。
    こういうテンポだったと。
    後味がすっきりで元気がでる感じです。

  • 久々の三姉妹。あっという間に読めてしまう軽さと、安定感はさすが。

  • まあまあかな。

  • 三姉妹探偵団、23作目。

全8件中 1 - 8件を表示

著者プロフィール

赤川 次郎(あかがわ じろう)
1948年、福岡県生まれ。76年『幽霊列車』でオール讀物推理小説新人賞を受賞しデビュー。以後続々とベストセラーを刊行。
代表作「三毛猫ホームズ」シリーズ、「天使と悪魔」シリーズ、「鼠」シリーズ、『ふたり』『怪談人恋坂』『幽霊の径』『記念写真』他、著書多数。2006年、第9回日本ミステリー文学大賞受賞、16年、『東京零年』で第50回吉川英治文学賞を受賞。
執筆作は500作を超え、累計発行部数は3億を突破。メディア化された作品も数え切れない。

赤川次郎の作品

ツイートする