QED ~flumen~ ホームズの真実 (講談社ノベルス)

著者 : 高田崇史
  • 講談社 (2013年9月5日発売)
3.44
  • (7)
  • (35)
  • (41)
  • (7)
  • (1)
  • 264人登録
  • 50レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061828940

作品紹介

大学時代の知人、緑川友紀子に誘われ、シャーロキアン(シャーロックホームズ愛好者)の展覧会に参加した、崇と奈々。
 そのパーティの最中、参加者が不可解な転落により意識を失う。彼女の手に握られていたのは紫のスミレの花だった。
 「紫」の意味を巡り、事件は『シャーロック・ホームズ物語』から『源氏物語』に隠された秘密へと近づいていく……!
(『QEDパーフェクトガイドブック』同時収録)

QED ~flumen~ ホームズの真実 (講談社ノベルス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 本文は文庫本で読んだが、
    文庫本では巻末付録の「QEDパーフェクトガイドブック」の略地図が省略されているので、新書版をセカンドハンドで購入

  • 中編一作とパーフェクトガイド、書き下ろし短編一作が収録されています。
    パーフェクトガイドでは、「QED」シリーズ全作が紹介されています。
    作品に登場した神社やマップ、テーマなどが載っています。

    ◆QED~flumen~ホームズの真実
    ホームズの話かと思いきや、「源氏物語」の方がメインでした。
    タタルと奈々ちゃんは、ようやく恋人同士になったようです。
    イチャイチャしているとは言い難いですが、少しは親密になってきているかな。

    「ベイカー街の問題」に登場していた友紀子さんがロンドンから帰国しています。
    奈々ちゃんが変わり者ホイホイ扱いされていますよ。

    奈々はタタルと共に、シャーロキアンの展示会に招待される。
    メンバーの一人・遼子が、展示会が開催される場所の裏にある崖から落ちていた。

    遼子が墜落する前、本人から助けを求める電話が警察にあった。
    遼子が倒れていたところには色とりどりの花があったが、その中から選んだように紫のスミレが握られてあった。

    突き落られたならば、以下の三人が怪しい。
    有名なシャーロキアンである教授の瀬室。
    英国風のパブを経営している藤崎。
    シャーロキアンの既婚女性・白石。

    瀬室は、五時前に「外へ来るように」と遼子に呼び出されていた。
    この証言によって、最後に遼子と話したのは瀬室だと推測されたが、タタルと奈々が五時過ぎに現場を見た時、遼子は倒れていなかった。
    以降はほぼ全員でいたので、長い時間、遼子と一緒にいた人間はいない。

    遼子は瀬室を愛していたが、瀬室は娘のようにしか見ていなかった。
    瀬室と白石が不倫をしていると知って傷付いた遼子は、衝動的に飛び降りてしまう。
    警察への電話は、遼子が白石に殺人容疑を掛ける目的だったという見方が強い。
    …という生臭いオチでした。

    ホームズの展示会で、「お二人の行為」をする瀬室と白石は如何なものかと思うわ。
    本当にシャーロキアンなのかね。

    紫についての解釈がテーマになっています。
    ホームズの作品には、メアリという名の女性とヴァイオレットという名の女性が複数登場しています。
    メアリは不幸な目に遭う一方で、ヴァイオレットは酷い目に遭わされてもホームズに救われます。
    共に、母親をモチーフにしていたようです。

    紫といえば、高貴な印象の他に、「九段坂の春」で弥生先生が言っていましたが性的なものを表しているようです。
    今回は、怨念という要素があることも知りました。
    紫式部までもが怨霊なのか。

    結局、遼子がスミレを手にしていたのは、彼女にとって母のシンボルだからでした。

    ◆二次会はカル・デ・サック
    沙織ちゃんの結婚式の二次会を奈々・タタル・小松崎でしています。
    タタルは小松崎の傷心に塩を塗ってどうするのよ。
    小松崎が「二人の結婚式には出席する」と反撃しますが、タタルはヒラリとかわします。
    しかも、「神山さんはどうか」なんて言っているよ。

    「御名形に任せる」と言っていますが、当人達の気持ちは無視なのか。
    御名形は女っ気がなさそうだよね。
    寧ろ、西田くんを気に懸けているもんな。

    将来的に、小松崎は奈々ちゃんの義理の弟になるんだよね。
    「小松崎は別の女性と結婚した方が良かったんじゃないか」と、私は思うのですが。

  • QED-18

    蔵書
    電子書籍

  • 2011年にQED完結と信じて、全くノーチェックだった1冊。本書にはタイトルの中編「ホームズの真実」と座談会の様子、そして「QEDパーフェクトガイド」が掲載されている。確かに最後の「伊勢の曙光」の時にプレゼント企画で目にした覚えがあったが、まさか書籍化されているとは…本編で書ききれなかったことを、今回の作品にしたらしいけど、10年前に起きた事件の後を描いているので、本編を読んでいないと理解出来ない。私としては、本編を読んでいても、忘れてしまっていて、なかなか理解出来なかったけど…座談会で「式の密室」がターニングポイントになった、とあるが、私もまさしくそこからどっぷり浸かった感じで、正直、その前の作品は難しかったと改めて感じた。

  • (収録作品)QED-flumen ホームズの真実/QEDパーフェクトガイドブック

  • 大学時代の知人、緑川友紀子に誘われ、シャーロキアン(シャーロックホームズ愛好者)の展覧会に参加した、崇と奈々。
    そのパーティの最中、参加者が不可解な転落により意識を失う。彼女の手に握られていたのは紫のスミレの花だった。
    「紫」の意味を巡り、事件は『シャーロック・ホームズ物語』から『源氏物語』に隠された秘密へと近づいていく……!
    (『QEDパーフェクトガイドブック』同時収録)

  • おまけ的なストーリー。

    二次会の一コマが一番いいかな

  • シリーズは『伊勢の曙光』で完結しているので、これは番外編だが、シリーズ通しての主題であった「人ならぬもの」を直接扱ってはいないものの、初期の『百人一首の呪』『六歌仙の暗号』『ベイカー街の問題』に近いアクロバチックな仮説。

  • 先にベイカー街の問題を読み直そうと思ったのだが、あいにくの貸し出し中。でも、前作の種明かしがなかったので何より。
    まさか、ホームズと書かれていながら、源氏物語とは。刑事さんの気持ちがよく分かる。

  • 事件は、無理があるわ。
    紫式部の名前については、前から疑問に思っていた(この説に賛成かどうかは、ともかく)
    シャーロキアンの人の考えることは、よく分からない。。。

全50件中 1 - 10件を表示

高田崇史の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
米澤 穂信
有効な右矢印 無効な右矢印

QED ~flumen~ ホームズの真実 (講談社ノベルス)を本棚に登録しているひと

ツイートする