1973年のピンボール (講談社文庫)

著者 :
  • 講談社
3.37
  • (119)
  • (151)
  • (550)
  • (52)
  • (6)
本棚登録 : 1818
レビュー : 155
  • Amazon.co.jp ・本 (176ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061831001

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • "でも。過ぎてしまえばみんな夢みたいだ"

  • わけがわからない、と言ってしまえばそれまでなんだけど、きっと何か意味があるんだろうという気にさせて、引き込んでしばらく抜け出させない。
    そんな不思議な魅力があるのが村上さんの文体とストーリー。本作は特に顕著。
    風の歌〜よりは幾分読みやすいかな。

  • 何度読んでも面白い

  • 本当に難しい作品だった。
    鼠と僕が交わると思っていたのだが、交わらない。
    双子の女性を養う。「直子」が現れ、唐突に姿を消す。
    性描写も行くところまでいかない。
    もう一度読み直してみたら、新たな発見があるのかもしれない。

  • なんだかさっぱりした終わり方でした。
    区切りごとの脈絡があるようなないようなつながりがおもしろい。
    入り口と出口。

  • 鼠は女と別れるため黙って街を出て、僕は別れるために対峙する。それぞれ違った方法で過去と決別して行く。
    捉えどころのない空虚感みたいなものが全体を覆っていて不思議な感覚になる。まるでラバーソウルを聴いた後のようにね。

  • 風の歌を聴けに続く話。

    こちらも、なんともクールな文章。

    なんというか、空気が澄んでいるというか。

  • 初期ハルキ文学の”スカした感じ”がよく出てます。

  • 3部作は読んでおこうと。

  • 相変わらず読んだあとになにも残らない(^^;;話がどんどん妄想めいていっていまの季節読むにはぴったり(笑)

全155件中 21 - 30件を表示

著者プロフィール

村上春樹(むらかみ はるき)
1949年、京都府京都市伏見区生まれ、兵庫県西宮市芦屋市育ち。早稲田大学第一文学部映画演劇科卒。大学在学中にジャズ喫茶「ピーター・キャット」を国分寺・千駄ヶ谷に開店していた(1981年、店を人に譲渡)。1979年にデビュー作の「風の歌を聴け」で群像新人文学賞を受賞。谷崎潤一郎賞、読売文学賞、朝日賞など数々の受賞歴がある。2006年にフランツ・カフカ賞、2009年にイスラエルのエルサレム賞受賞。ノーベル文学賞に最も近い作家の一人と言われており、毎年発表時期に日本国内でニュースになる。事実、村上春樹作品は全世界で翻訳されており、アメリカ・アジアでの評価がとりわけ高い。フィッツジェラルドやレイモンド・カーヴァーなどの作品の翻訳も手がけ、翻訳家としての仕事も高い評価を受ける。翻訳と創作活動を交互に行うことで、作風を変化させ、作家としての成長を続けている。新作が発表されるたび大きな話題となるが、近年は特別番組「村上RADIO」にてラジオDJも務め(不定期放映)、数々の名言も注目を集める。代表作に『風の歌を聴け』『羊をめぐる冒険』『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』『ノルウェイの森』『ねじまき鳥クロニクル』『海辺のカフカ』『1Q84』『騎士団長殺し』。2019年7月31日に『神の子どもたちはみな踊る』が舞台化。2019年8月7日発売の『文学界』でロングインタビュー「暗闇の中のランタンのように」掲載。アメリカのサックス奏者スタン・ゲッツの伝記翻訳を2019年8月末に刊行予定。

1973年のピンボール (講談社文庫)のその他の作品

村上春樹の作品

ツイートする