コインロッカー・ベイビーズ(上) (講談社文庫)

著者 :
  • 講談社
3.64
  • (604)
  • (491)
  • (1199)
  • (92)
  • (26)
本棚登録 : 4767
レビュー : 489
  • Amazon.co.jp ・本 (258ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061831582

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 村上龍では、まだこれがベスト。

  • むかーし読んで強烈だった記憶。
    また読み返したい

  • 何かの記事で引用されていて気になっていたけれど村上龍のエロとかグロとかバイオレンスとかメンタルとか近未来とかに全然興味ないから読んでいなかった。面白かったけれどやはりこういう世界に全然興味がないしタイミング的にも最悪だった。続きが気になるけれど果たして下巻を読む日は来るのか?!
    改行が独特なのも読みにくい一因。なのでこのレビューも読みにくい感じで書いてみました。

  • ネタバレ 初の村上龍さん作品。攻撃力と中毒性のある文章に、衝撃の連続だった。赤ん坊の頃、コインロッカーに捨てられ生き残ったキクとハシ。社会の暗闇を容赦無く描く言葉選びに、これは下巻も読みたいと思わされた。

  • 下巻に記載

  • やっぱ村上龍凄いわ、と再認識。
    最近はカンブリアのイメージになってしまった。

  • 友人から借りて読んだ。やはり村上龍の作品は苦手である。
    舞台は荒廃も進んでいる近未来。
    村上龍の性の乱れ描写って気持ち悪いだけで入っていけない。
    切迫感が必要な所でいらない説明が多いというのか。
    舞台設定もいつも色々詰め込まれすぎて、逆に恣意性が
    感じられてしまう。
    もちろん、小説なんて作家の恣意の産物以外の何物でもないけど。
    主人公達の今後は気になるが、とりあえず下巻は保留。

  • 極上の読書となった。ぐいぐい引っ張られる物語。「コインロッカー・ベイビーズ」の2人を軸に物語がハードに展開される。読んでてなかなか得難い時間となった。
    生理的に受け付けない人もきっといるだろう。

  • (上・下巻読んでの感想)
    大傑作です。自分の生まれる前に書かれたものとは思えないぐらいの
    斬新さ。

    生まれてすぐにコインロッカーに捨てられた二人の男の子
    キクとハシ。二人は共に育つが、対照的な人物へとなっていきます。
    しかし、どちらも世の中に対する「破壊」の衝動を抱えています。

    キクとハシ、そしてヒロインのアネモネを始めとしたキャラクターが本当に濃く、気高く美しい。

    村上龍さんお得意の、生々しくて思わず目をそむけたくなるような
    グロテスクな表現も満載ですが、とにかく引き込まれます。
    ラストの方は(こんな言葉はあまりにもちっぽけで、みっともないですが)
    とにかく格好いいのです。

  • 卑猥な表現が多く、読みづらい。
    途中で中断してしまった。

全489件中 41 - 50件を表示

著者プロフィール

1952年長崎県生まれ。76年に『限りなく透明に近いブルー』(第75回芥川賞受賞)でデビュー。2003年には、514の職業を紹介した『13歳のハローワーク』が125万部を超えるベストセラーに。財政破綻した近未来日本を舞台にした『半島を出よ』(05年)では野間文芸賞を受賞。10年には『歌うクジラ』(毎日芸術賞)を電子書籍として刊行。 近著に『55歳からのハローライフ』、『オールドテロリスト』などがある。16年に『日本の伝統行事 Japanese Traditional Events』を刊行。

「2018年 『収録を終えて、こんなことを考えた』 で使われていた紹介文から引用しています。」

コインロッカー・ベイビーズ(上) (講談社文庫)のその他の作品

村上龍の作品

ツイートする