妄想名探偵 (講談社文庫)

著者 : 都筑道夫
  • 講談社 (1984年2月発売)
3.50
  • (1)
  • (0)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
  • 21人登録
  • 3レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (281ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061831704

妄想名探偵 (講談社文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  •  アルコール中毒で「アル中」なのではなく、アルジェの外国人部隊から帰って来たばかりの番屋の忠太郎、つまりアルジェの忠太郎で「アル忠」さん。
     元刑事だったり、もとポン引きだったり、元商社マンだったり、いろいろな過去を……本当に持っているのか、そういう妄想なのかは分かりませんが、飲んだくれの名探偵アル忠さんが、名推理で事件を解決します。

     語り部は推理作家の津藤さんで、よく一緒にいるメンバーも大体同じなんだけれど、殺人事件に遭遇しすぎでしょ、という突っ込みはさておき。
     忠さんのキャラがよかったです。
     ラストは寂しかったけれど、これが寧ろよかったんだと思う。

  • アシモフの「黒後家蜘蛛の会」や「ユニオン・クラブ綺談」・・・はたまた現代で言えば「百万のマルコ」的作品。

  • ★☆☆ 妄想で名探偵、っていう発想が面白い♪

    都築さんは古い作家さんだと思うんだけど、
    ミステリの勉強をしているときに名前が出てきた気がしたので、本を買ってみました。
    主人公は、『自分は名探偵だ』っていう妄想で、探偵をしちゃうおじさん。笑
    ミステリとしては、トリックが斬新!とかは思わなかったけれど、設定は面白いのでは。
    キャラが立っている小説は好きです☆
    他のも読んでみようー。

    (2008.07メモ→2010.04ブクログ)

全3件中 1 - 3件を表示

妄想名探偵 (講談社文庫)のその他の作品

妄想名探偵 (講談社文庫) Kindle版 妄想名探偵 (講談社文庫) 都筑道夫

都筑道夫の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
宮部 みゆき
米澤 穂信
有効な右矢印 無効な右矢印

妄想名探偵 (講談社文庫)はこんな本です

ツイートする