夜中の薔薇 (講談社文庫)

著者 : 向田邦子
  • 講談社 (1984年1月9日発売)
3.85
  • (83)
  • (78)
  • (124)
  • (1)
  • (0)
  • 787人登録
  • 87レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (260ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061831827

夜中の薔薇 (講談社文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 向田邦子さんのエッセイ。
    食べ物のこと、旅行先でのことが、興味深く書かれていた。意欲的に生きてこられた方なのだと思った。
    特に、「手袋をさがす」が印象的です。気に入るものが見つかるまでは、決して妥協を許さない…今でこそこんな自立した大人の女性が増えてきていますが、向田さんは、そういった現代女性のパイオニアだったのではないでしょうか。

  • 気にいるものが見つからず手袋なしで冬を過ごすような会社員時代の著者に
    上司が言った言葉が胸にささりました。

    10代の前半に読みましたが 「気にいらない物がそばにあるとおちつない」
    という自分の性格を変えたいと思っていた私に投げかけられた言葉の様に
    感じました。

    今も性格は変わらず。

  • キャリアを重要視し、働く女性はみな「手袋をさがす」が好きだと思う。
    自分が自分らしく生きることを、潔く自分で認めることの難しさよ。
    結婚、出産、専業主婦で〜みたいな「女の幸せ」を手放して、
    頑張っていると、ふと前も後ろも見えず佇みたくなる。
    これで良かったんだっけ?と自問自答して、夜眠れなくなる。
    そんな眠れない夜に読みたい1冊。

  • 終盤の「手袋を探す」「時計なんか恐くない」がよかった。20代の女の子向けかもしれないけれど、40代が読んでも。向田邦子の負けん気を少しだけおすそ分けしてもらった。

  • 理想の女性、向田邦子。「手袋をさがす」がとっても好き。

  • 向田邦子の文章が好き。(他者にも自分にも)観察眼が鋭くて流石だなと思う。手袋をさがすと時計なんか怖くないが特に好きで、自分のことを少し肯定でき心が軽くなった。折に触れて何度でも読み返すだろうと思う。

  • 201507読了
    ベルギー旅行記が含まれている。
    20100210読了
    向田さんのエッセイは歯切れが良い。テンポが好き。切り口も好き。小難しい説明的な文章やだらだらとした叙述的な文章はいらないけど、ただなんとな~く活字が欲しい、そういうときに最適。旅のお供。

  • 2018.2/10

  • 大先輩の女性の書かれたものを読むと、ぴんと背筋が伸びます。ただし、普段着のままで。

    鋭い観察眼と豊かな感性を持った方だったのだなぁと思います。

  • リリース:歩さん

全87件中 1 - 10件を表示

夜中の薔薇 (講談社文庫)のその他の作品

夜中の薔薇 単行本 夜中の薔薇 向田邦子

向田邦子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
遠藤 周作
三島 由紀夫
有効な右矢印 無効な右矢印

夜中の薔薇 (講談社文庫)に関連する談話室の質問

夜中の薔薇 (講談社文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする