ベトナムは、いま―十年後のベトナム戦争 (講談社文庫)

著者 :
  • 講談社
3.50
  • (0)
  • (3)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 8
感想 : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (308ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061834613

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  •  二十世紀に、アジアの二つの民族が、人類として最悪の洗礼を受けさせられた。一つは日本の原爆であり、もう一つはベトナムの「枯れ葉作戦」のダイオキシンである(P25)

     副題は十年後のベトナム戦争とあるが、本書の写真を見ると国民の戦争は十年経っても・・・現在40年たっても深く国民の心に傷としてのこっている。同じように戦後70年の日本においても戦争を二度と起してはならないと思う。

  • 悲しい写真だが、未来に向かってる写真が沢山あった。
    以前カンボジアにいったときと同じような顔をした人が沢山いた。

  • (2000.02.15読了)(2000.02.12購入)
    十年後のベトナム戦争

  • ベトナム戦争から10年後のベトナム各地を訪れ、戦争中や戦後の人々の苦悩をたどったルポルタージュ。改めてベトナム戦争が残したものを問い直し、戦争の悲惨さを訴えています。

    リアリティ溢れる証言の数々に震えます。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

●大石芳野(おおいし・よしの) 東京都出身。写真家。日本大学芸術学部写真学科を卒業後、ドキュメンタリー写真に携わり今日に至る。戦争や内乱、急速な社会の変容によって傷つけられ苦悩しながらも逞しく生きる人びとの姿をカメラとペンで追っている。2001年土門拳賞(『ベトナム 凜と』)、2007年エイボン女性大賞、同年紫綬褒章ほか。

「2015年 『戦争は終っても終わらない』 で使われていた紹介文から引用しています。」

大石芳野の作品

ベトナムは、いま―十年後のベトナム戦争 (講談社文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×