四国連絡特急殺人事件 (講談社文庫)

著者 :
  • 講談社
3.63
  • (3)
  • (1)
  • (3)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 36
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (399ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061834859

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 犯人の候補がめまぐるしく変わる,読んでいて飽きない小説。
    東京から四国への生き方や,四国の鉄道の当時の状況がわかり,面白い。
    P364,365には,時刻表を掲載しており,現実味があふれる。

    鉄道捜査物の愛好者にはたまらない逸品。
    西村京太郎の能力全開という感じです。

    お遍路の話題や,お寺の話題もあり,実際に巡礼をする際にも参考になるかも。

  • 1998.3.16 40刷 629
    お遍路でにぎわう春の四国路。七十番札所に近い菜の花畑で、遍路姿の老人が刺殺された。そして同行の若い女が姿を消す。被害者が東京の著名な銀行経営者と判明して、警視庁の十津川・亀井コンビが出動する。そして発見された同行女性からは意外な証言が――。四国を舞台に多彩な列車を結ぶ旅行推理。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

1930年東京生まれ。65年『天使の傷痕』で江戸川乱歩賞を受賞。81年『終着駅殺人事件』で日本推理作家協会賞を受賞。2004年には第8回日本ミステリー文学大賞を受賞。トラベル・ミステリーで活躍。

「2018年 『房総の列車が停まった日』 で使われていた紹介文から引用しています。」

四国連絡特急殺人事件 (講談社文庫)のその他の作品

西村京太郎の作品

ツイートする