軍師二人 (講談社文庫)

著者 :
  • 講談社
3.40
  • (17)
  • (29)
  • (86)
  • (6)
  • (1)
本棚登録 : 364
レビュー : 30
  • Amazon.co.jp ・本 (374ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061835696

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 2017.6.1(木)¥100(-2割引き)+税。
    2017.7.10(月)。

  • 時代は関ヶ原の合戦から夏の陣あたりの武士が主人公の短編集
    軍師二人は後藤又兵衛と真田幸村の話

  •  中公文庫『一夜官女』の4編を含む8つの短編集。

  • 表題作の他に歴史モノを収録した短編集です。
    歴史好きなインテリおじさんのためのちょびっとエッチな歴史小説集ってとこかな(笑)

  • 短編集であるが、幾つか共通点がある。
    時代は、関ヶ原前後であり、登場人物は奇人、変人、超人である。
    そして、常人からは奇行に映るだろう行為、例えば仕官だったり、恋慕だったりだが、を描く。(だから物語になるのかもしれないが、他の司馬作品と比較して、異常度が高いような気がする)

    とはいえ、不思議と感情移入できるのは、誰もが持っている異常さを抜き出しているからだろう。凡人と奇人の違いは、行動に移すか否かの違いなのかもしれない。

    また、女性視点での描写も多く、個人的には面白かった。史実だけでなく、こういう話も書ける守備範囲の広さ、司馬さんは本当にすごい。

    時代背景の説明は最小限で、心理描写が豊富なので読みやすいと思う。

  • 時代のスキマが満ちていく感じ。

  • 短篇集。サラリーマンの読む漫画のような、なんだか妙に男臭くそれでいてあっけらかんとしていた話が多かった。少し新鮮。

  • 主役以外の武将や女性の視点から関ヶ原等の戦役を描いている、読み切りの8編小説です。中でも侍大将の胸毛は面白かった。
    最後の「軍師二人」とは後藤又兵衛と真田幸村のことで大阪冬の陣・夏の陣をもっと詳しく知りたい方は「城塞」をよむべし。

  • 短編集。いくつかは他の短編でも読んだことのあるものだった。その再読のものになるが、「一夜官女」と「侍大将の胸毛」は趣きの近い作品で、男と女の思いながらもお互い障りがあり、その気持ちだけを持ち続けるという、パターンではあるしもどかしいが、なにか気持ちをくすぐられるような好きな話だ。「割って、城を」「軍師二人」は初めて読んだが人の心理をおもしろく表現してある。

全30件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

司馬遼太郎は、1923年、大阪市生まれの日本の歴史小説家・エッセイストである。故人。
本名、福田 定一(ふくだ ていいち)。大阪府大阪市生まれ。筆名の由来は「司馬遷に遼(はるか)に及ばざる日本の者(故に太郎)」から来ている。
特に歴史小説の大家として知られ、代表作は「竜馬がゆく」「坂の上の雲」「翔ぶが如く」「燃えよ剣」「新撰組血風録」「菜の花の沖」「花神」「世に棲む日日」「梟の城」「関が原」「功名が辻」「国盗り物語」「街道をゆく」「十一番目の志士」「城をとる話」「風神の門」「二十一世紀に生きる君たちへ」他多数。その多くが大河ドラマ化、テレビドラマ化、映画化、コミック化などの形でマルチメディア展開されている。

司馬遼太郎は産経新聞社記者として在職中の1960年に、『梟の城』で直木賞を受賞。
1966年に『竜馬がゆく』『国盗り物語』で菊池寛賞を受賞したのを始め、数々の賞を受賞。
戦国・幕末・明治を扱った作品が多い。
1996年2月に72歳で逝去。
2001年には、東大阪市の自宅隣に司馬遼太郎記念館が開館。

軍師二人 (講談社文庫)のその他の作品

軍師二人 単行本 軍師二人 司馬遼太郎
軍師二人 Audible版 軍師二人 司馬遼太郎

司馬遼太郎の作品

軍師二人 (講談社文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする