夢で会いましょう (講談社文庫)

  • 講談社
3.27
  • (77)
  • (134)
  • (507)
  • (42)
  • (18)
本棚登録 : 1819
レビュー : 168
  • Amazon.co.jp ・本 (232ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061836853

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • おとりよせ中。

    わくわく、たのしみ。
    はやく お金ふりこまな・・・

  • あいうえお順でいけば、糸井が先にくるはずなのに、
    村上春樹が先に印字されているのはやはり、
    ネームバリューが持つ力ゆえか。
    そのわりには、互いに互いを尊敬し合っているような感じで、
    二人とっては、そういうつまらない力関係のようなものなど、
    どうでもいいのだろうなと感じた。

    内容自体は、
    ショートショートというのが一番妥当かもしれないが、
    創作+エッセィ+対談が混ざっているといった具合で、
    村上春樹自身も前書きにおいて、「分類不能な不思議な本」
    とかいている、そして、「かなり面白い本」とも。

    純粋に二人の文章を読み比べ、
    これはどちら?といった具合で、推測しながら読むのも面白いし、
    書かれている文章自体も、シニカルで軽虐に富んでいて愉しめる。


    二人に共通しているのは、
    互いにシニカルでウィットに富んでいるところだろう。
    しかし、村上春樹のほうが上品であるし、糸井重里のほうが散文的かつ、下卑ている。しかし、これはどちらがいいというのではなくて性質なのだろう。
    例えば、
    村上春樹の文章のほうは上品な静かな笑いを引き出すかもしれないが、
    大笑いをもたらせるのは糸井重里のほうであり、やはりタイプなのだ。
    (といっても、本著で大笑いはないけれど)

    ちなみに、シモネタのようなもの自体は村上春樹も用いてはいる。
    けれど、やはり上品なのである意味で卑怯だとも感じる。
    村上春樹は浅ましさのようなものをうまく隠して、
    出し惜しみしているようにも。
    そのあたり糸井重里は露骨かつ直球である。
    とはいえ、ここは糸井重里を褒め称えたい。
    よく村上春樹と直球の勝負をしたものだと。
    そして、いい勝負を繰り広げているという点に。

  • 村上春樹と糸井重里の二人が、あらゆるカタカナ名詞(アンチテーゼ、クールミントガム、グレープドロップス、ソフトクリーム、ブルースエードシューズ、ペンギン、ラストシーン、レインコートなど)をテーマにショートショートというか、とにかく短い文章を、片っぱしからつなげていった、なんか不思議で、魅力的な本。

    村上春樹と糸井重里の文体の違いがハッキリしていて、なんかコーヒーと煙草とか、お茶と煎餅とか、紅茶とケーキとか、そんな具合に良い組み合わせで、まぁこんな例えしか出てこないのは上記を食しながら読んでいたからなんだけれども、まぁとにかくサクサクおいしく読めます。

    カタカナ名詞ってなんかそれだけで魅力的な響きがあるから、二人とも楽しんで書いたんだろうなぁ。

    ちょっと僕もやってみようかしらん。

  • ちょっと皮肉で、ちょっとエッチで、ふふっと笑ってしまう1冊でした。村上春樹はスワローズファン、糸井重里はジャイアンツファン。この二人、野球の話はできないんだろうなー・・・。

  • 村上春樹と糸井重里

    村上春樹の書く文章が好き~

  • 「オニオンスープ」「コーヒー」

    好きな作品は村上春樹さんの方でした。

    ちょくちょく読めるとこがいい。

  • そろそろ東京も桜の見頃かと銀座の桜の咲く公園を散策したが、まだまだであった。幸いなことに満開な桜がなかったため、バカ騒ぎする人々の姿も見当たらなかったのである。春かと思えばみぞれ降る空模様に、桜のつぼみもどうしたらよいのか迷っているに違いない。現在はまだ2分咲きといったところだろうか。周囲を気にし周りに合わせる。周りを気にしてなかなか早咲き桜が後に続かないのは日本の桜だからこその光景である。

  • 読了日は、再読した日です。

    初めて読んだ当初も勿論、
    今回もドキドキした。
    前書きに、文章あとの、m(村上)かi(糸井)がなくてもわかる、て、
    書いてあって、
    わからんかったらどうしよう、、、ってドキドキしたけど、
    これが、わかる。
    素直に面白かった。
    本文を読む前に、糸井さんのあとがきを読んで、
    ちょっと、にやけました。
    糸井さんに興味を持てた事も、ハッピーな収穫でした。

  • 鹿児島行の飛行機および高速船トッピーのなかで読みました。
    小浦さんに借りたやつ。

  • 大好きな大好きな糸井重里さん(と村上春樹さん)の
    小説でもエッセイでも対談でもない
    不思議な短編集!
    コピーライターである糸井重里さんの
    独特な言い回し?ひねりというか皮肉というか
    がとっても面白く
    私はMOTHER(ゲーム)からのファンでございます
    んふ

全168件中 71 - 80件を表示

著者プロフィール

村上春樹(むらかみ はるき)
1949年、京都府京都市伏見区生まれ、兵庫県西宮市芦屋市育ち。早稲田大学第一文学部映画演劇科卒。大学在学中にジャズ喫茶「ピーター・キャット」を国分寺・千駄ヶ谷に開店していた(1981年、店を人に譲渡)。1979年にデビュー作の「風の歌を聴け」で群像新人文学賞を受賞。谷崎潤一郎賞、読売文学賞、朝日賞など数々の受賞歴がある。2006年にフランツ・カフカ賞、2009年にイスラエルのエルサレム賞受賞。ノーベル文学賞に最も近い作家の一人と言われており、毎年発表時期に日本国内でニュースになる。事実、村上春樹作品は全世界で翻訳されており、アメリカ・アジアでの評価がとりわけ高い。フィッツジェラルドやレイモンド・カーヴァーなどの作品の翻訳も手がけ、翻訳家としての仕事も高い評価を受ける。翻訳と創作活動を交互に行うことで、作風を変化させ、作家としての成長を続けている。新作が発表されるたび大きな話題となるが、近年は特別番組「村上RADIO」にてラジオDJも務め(不定期放映)、数々の名言も注目を集める。代表作に『風の歌を聴け』『羊をめぐる冒険』『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』『ノルウェイの森』『ねじまき鳥クロニクル』『海辺のカフカ』『1Q84』『騎士団長殺し』。2019年7月31日に『神の子どもたちはみな踊る』が舞台化。2019年8月7日発売の『文学界』でロングインタビュー「暗闇の中のランタンのように」掲載。アメリカのサックス奏者スタン・ゲッツの伝記翻訳を2019年8月末に刊行予定。

村上春樹の作品

ツイートする