夢で会いましょう (講談社文庫)

  • 講談社
3.27
  • (77)
  • (134)
  • (507)
  • (42)
  • (18)
本棚登録 : 1819
レビュー : 168
  • Amazon.co.jp ・本 (232ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061836853

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 2001年8月22日読了。以下、過去の日記から抜粋。

    糸井重里、コピーライター。
    「コピーライター」って、何て不思議に満ちた職業なのだろう。
    私流に解釈するならば、まさに言葉の魔術師だ。
    詩人、ソングライター辺りが近いのかなぁ・・・
    短い言葉でそのモノを(もしくは戦法としてそのモノの一面を)的確に表現する人々。
    あ~、「戦法」、私、今イイ事言ったね。
    まさにコピーライターとは戦略家である。
    その戦略にはまって手にした本はどれぐらいあるのだろう(苦笑)

    さて、今作品はエッセイでもなく、ショートショートでもない。
    強いて言うならば、{(エッセイ+ショートショート)÷2}とでも言おうか。
    それぞれのフィールドで活躍する言葉の玄人同士の攻防戦とでも言おうか。
    とにかく風変わりな作品であることには違いないのであるが、
    このテの作品を読む場合、全部が全部面白いことを期待してはならない。
    心の琴線に触れなければあっさり読み流せばよい、
    その中で一つでも「コレだっ」と思えるものがあればメッケモノなのである。

    ちなみに私の場合は、糸井氏の「アシスタント」「キャンプ・ファイア」「シーズン」。


      森へ行きましょう娘さん、と歌いかけられて、
      「ハッハッハ」と答える娘さんは、まったく、何を考えているのだろうか。
      笑って誤魔化すのはいけない。
      行く気があるなら、「ハイ」と、その気がないなら「イヤです」と、
      はっきり言うべきである。
                           (「キャンプ・ファイア」より)


    ・・・完敗です、はいお手上げ。

  • 村上春樹さんと糸井重里さんがカタカナ文字の外来語をテーマにショート・ショートを競作。個性が滲み出ていて楽しく読みました。

  • 糸井重里の意外な文才に驚かされる箇所があった。

  • 『パン屋再襲撃』に登場する1回目の襲撃「パン」目当てで購入。これを読むと『パン屋再襲撃』がより楽しめる。糸井重里氏の言葉の選び方、リズム感も結構好きだな、と思った。2010/053

  • ひとつの単語に 物語 をつけて 書き綴る。 1番その人らしい文章が出るスタンスなのかも。 この発想力というか、展開力というか、是非とも真似しようと思っている。

  • 意外で意外でない二人の書いたショートショートの競作集。

    意外な展開かと思いきや意外でなく,ふつうの展開かと思いきや意外な展開。

    ふしぎとどちらが書いているのか,その作品の雰囲気で伝わって来ます。

    面白い作品だと思いました。
    もっといろんな人がこんなことをすればいいのに。

  • とっても不思議な本。
    ランチとかラークとか好き。糸井さんの文章は寺山修司の雰囲気だった。ふたりとも性的だなあと思った。なんとなく、両氏とも「ひとりの楽しみ方を知っている人」だと私の中にインプットされた。自分でオチも突っ込みも言えてしまうのだから、相手がいらないのよね。前書きを読んだ後、後書きは本文の途中で読みました。糸井さん、わたしの夢には出てきてくれないかしら。可能性は五分五分だろうな。

    (20120617)

  • 村上春樹と糸井重里が大体交互に入れ替わり、カタカナ語を一種の「お題」にしてショートショートを紡いでいく、まさしく夢の短編集。

    いやあ意味不明な話ばっかりで楽しかったです! 糸井さんの文章は初めて読んだんですけど、こういう趣向だからって言うのもあるけどわかりやすいし親しみやすいしなんか気軽に喋ってる感じでしたね。春樹は大体ギャグとしか思えない文章ばかりで最高でしたww ヤクルトスワローズ詩集でページ稼いでるとしか思えないww あと「パン」はパン屋再襲撃に繋がる「パン屋」でいいのかな? こういうのもっともっと読みたい! 次は象工場のハッピーエンドにするかもです。

  • 遊び上手なふたりの、夢であり得る一風景。

  • デートとブルー•スエード•シューズが好きだった。どのカタカナの話が好き?て好きな人に聞いてみたいなーと思った。

著者プロフィール

村上春樹(むらかみ はるき)
1949年、京都府京都市伏見区生まれ、兵庫県西宮市芦屋市育ち。早稲田大学第一文学部映画演劇科卒。大学在学中にジャズ喫茶「ピーター・キャット」を国分寺・千駄ヶ谷に開店していた(1981年、店を人に譲渡)。1979年にデビュー作の「風の歌を聴け」で群像新人文学賞を受賞。谷崎潤一郎賞、読売文学賞、朝日賞など数々の受賞歴がある。2006年にフランツ・カフカ賞、2009年にイスラエルのエルサレム賞受賞。ノーベル文学賞に最も近い作家の一人と言われており、毎年発表時期に日本国内でニュースになる。事実、村上春樹作品は全世界で翻訳されており、アメリカ・アジアでの評価がとりわけ高い。フィッツジェラルドやレイモンド・カーヴァーなどの作品の翻訳も手がけ、翻訳家としての仕事も高い評価を受ける。翻訳と創作活動を交互に行うことで、作風を変化させ、作家としての成長を続けている。新作が発表されるたび大きな話題となるが、近年は特別番組「村上RADIO」にてラジオDJも務め(不定期放映)、数々の名言も注目を集める。代表作に『風の歌を聴け』『羊をめぐる冒険』『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』『ノルウェイの森』『ねじまき鳥クロニクル』『海辺のカフカ』『1Q84』『騎士団長殺し』。2019年7月31日に『神の子どもたちはみな踊る』が舞台化。2019年8月7日発売の『文学界』でロングインタビュー「暗闇の中のランタンのように」掲載。アメリカのサックス奏者スタン・ゲッツの伝記翻訳を2019年8月末に刊行予定。

村上春樹の作品

ツイートする