エベレストに死す―天才クライマー加藤保男 (講談社文庫)

著者 :
  • 講談社
3.57
  • (1)
  • (3)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 20
感想 : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (297ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061840690

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 請求記号:BK/786.1/Ka86
    選書コメント:
    本書の登場人物は世界最高峰エベレストに3回登頂に成功(春、秋、冬登頂)した加藤保男氏をたたえるノンフィクション文庫。プロローグから文末のエピローグまで完読して、勇気と感動を味わってもらいたい思いから推薦する。
    (東松山図書課 参事)

  • この本も絶版だったんだ!
    電子書籍で復刻してよかった。

  • 世界最高峰エベレスト(8848m)の頂に春・秋・冬の三度登頂!
    エベレスト三冠王の偉業を成し遂げた日本が誇る天才クライマー加藤保男(33歳)さんの劇的な生涯。
    ライバルだったメスナーは8000m峰14座無酸素登頂者になっただけに、加藤さんの早過ぎる生涯が悔やまれる。

  • 長尾三郎の『死す』三部作の一つ。

    エベレストサミッター三冠王の加藤保男の生涯を追ったドキュメンタリー。
    大学1年のときに、この「死す」三部作を読んで大きな衝撃を受けたことを覚えている。

    加藤保男は世界で初めてエベレストを南北から登頂し、さらに厳冬期に単独登頂を果たし三冠王を手中にする。

    3度共に、山頂近くで前人未踏のビバークを行う。
    しかし、3度目は無事に戻ることが無かった。

    33歳という若さでエベレストに永眠した加藤の人柄、生き様が活き活きと書かれたドキュメンタリーです。

全4件中 1 - 4件を表示

長尾三郎の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×