行楽特急殺人事件 (講談社文庫)

著者 : 西村京太郎
  • 講談社 (1988年3月8日発売)
3.88
  • (6)
  • (3)
  • (8)
  • (0)
  • (0)
  • 36人登録
  • 5レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (252ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061842052

行楽特急殺人事件 (講談社文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 特急、急行列車に関する短編集。

    ATC作動せず (L特急「わかしお」殺人事件) 小説現代'84/10号
    急行べにばな殺人事件 小説現代'84/9号
    午後九時の目撃者 小説現代'83/8号
    行楽特急殺人事件 月刊現代'85/5号

    ATC作動せずは,どうしてATCが動作しないのかが分かりにくかった。もう少し、技術的な仕様の説明もあるとよいかもしれない。

  • 小田急のロマンスカーが舞台。新宿から小田原までノンストップのはずが車内から消え自宅で死体となって発見される・・。他、外房線と内房線の循環ができないカラクリによりスリルあふれる「ATC作動せず」や、今は廃止された急行(仙台~新潟)時刻表トリックの「急行べにばな殺人事件」等、四編が入っている。

  • 110109

  • 2000.4.28 24刷 448
    警視庁の西本刑事は恋人ゆう子と、箱根にむかう小田急ロマンスカーに乗っていた。この車両にはゆう子の友達の千加が接待係として勤務していて、彼らとあいさつを交すはずだった。ところが千加はノンストップの車内から消失し、自宅で死体となっていた!トラベル・ミステリーの王者の傑作集。
    ATC作動せず・急行べにばな殺人事件・午後九時の目撃者・行楽特急殺人事件

  • ミステリー短編集。全4話。

全5件中 1 - 5件を表示

行楽特急殺人事件 (講談社文庫)のその他の作品

西村京太郎の作品

行楽特急殺人事件 (講談社文庫)はこんな本です

ツイートする