背いて故郷 (講談社文庫)

著者 :
  • 講談社
3.47
  • (3)
  • (2)
  • (12)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 43
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (433ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061842670

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 初作家さんの作品。
    正体不明の船のやとわれ船長だった、主人公が自分と交代した船で親友を殺害される。
    親友の婚約者に想いを寄せながら、真相を暴いていくうちに自分もどんどん危険な方向に。
    本当の敵は誰か?
    登場人物が多くて、途中混乱したが楽しめた。

  • う~ん。なんかこういう、ハードボイルドちっくなやつ、いまいち苦手です。どんでん返し&感動シーンありで、それらは個人的に物凄く惹かれるタームなんですが、どうもハードボイルドとの相性が悪い。途中で止めたくなるほど退屈だった訳ではなく、文章のよさも相俟って滞りなく読めたので、そういう点は高く評価できます。志辰初挑戦だったけど、他の作品ももっともっと!とはあまり思わんかったです。

  • 『飢えて狼』、『裂けて海峡』、『背いて故郷』とシミタツの冒険小説三部作と云われており、しかも本作は日本推理作家協会賞受賞作である。前2作は私のお気に入りでもあり、さらにこれはその上を行くのかと期待して読んだが、案に反して琴線に触れなかった。
    とにかく長いと感じた。しかもなんだか主人公が自虐的ながらも自分勝手な性格で、自分に酔っているという感じが終始拭えなかった。
    まあ、本作も海洋業を生業とする人物設定であるから、ちょっと飽きが来たのかもしれない。
    北国の寒さだけが印象に残った。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

1936年、高知県生まれ。雑誌のライターなどを経て、81年『飢えて狼』で小説家デビュー。86年『背いて故郷』で日本推理作家協会賞、91年『行きずりの街』で日本冒険小説協会大賞、2001年『きのうの空』で柴田錬三郎賞を受賞。2007年、初の時代小説『青に候』刊行、以降、『みのたけの春』(2008年 集英社)『つばくろ越え』(2009年 新潮社)『引かれ者でござい蓬莱屋帳外控』(2010年 新潮社)『夜去り川』(2011年 文藝春秋)『待ち伏せ街道 蓬莱屋帳外控』(2011年新潮社)と時代小説の刊行が続く。

「2019年 『疾れ、新蔵』 で使われていた紹介文から引用しています。」

背いて故郷 (講談社文庫)のその他の作品

背いて故郷 (新潮文庫) 文庫 背いて故郷 (新潮文庫) 志水辰夫
背いて故郷 単行本 背いて故郷 志水辰夫
背いて故郷(新潮文庫) Kindle版 背いて故郷(新潮文庫) 志水辰夫

志水辰夫の作品

ツイートする