天狼星 (講談社文庫)

著者 :
  • 講談社
3.68
  • (19)
  • (16)
  • (35)
  • (4)
  • (0)
本棚登録 : 196
感想 : 17
  • Amazon.co.jp ・本 (426ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061844759

作品紹介・あらすじ

ファッションモデルが次々に殺され、バラバラ私体が発見された。死体には喰われたらしい痕跡があり、シリウスと名乗る犯人が山科警視に星座にちなんだ12人の女ともう1人、13人の殺人を予告してきた。生涯の宿敵シリウスと相まみえることになった名探偵・伊集院大介。待望の長編伝奇ミステリー。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 名探偵伊集院大介の宿命の敵シリウスとの対決第一弾。学生時代に読了。
    このようなリアルな描写はコワイ。Ⅱの方が一段とリアルだったように思うが、こんなに文字から目をそむけたくなった初めての本であった。半分コワイものみたさもあったのと、ストーリーが面白かったので何とか読めたが、Ⅱで限界。(泣)
    あのシーンが頭にこびりついて離れなくなります。

  • 2013年4月頃ブックオフで購入して再読。
    解体シーンがグロい。伊集院さんと怜さんの絡みがよい。

  • 伊集院大助シリーズはタブン読破してるはず。対シリウスがドキドキした気が、、すっかり忘れているようなので再読しよう。

  • 娘が生まれたら本気でパールにしたいと思ったな~(野沢直子に先を越されたのでやめたけど。ていうか娘生まれなかったけど)

  • 本当に面白かった本
    シリウスVS伊集院大介
    それだけでも楽しい

    美少年が好きな人にオススメです

  • 20年前に読み、ストーリーの詳細は覚えていないくせに、
    なぜか忘れられない1冊。再読したい。

  • 救いのない物語。
    意識のある女性に対する、生かしたままでの人体解体が趣味の下衆な犯人。
    そしてその奥にいる真の犯人。
    探偵物。

  • 伊集院大介シリーズ

    ファッションモデル連続バラバラ殺人事件。一部の死体には喰われた痕が・・・。モデルの田宮玲の依頼で事件の捜査に当たる伊集院大介。モデル事務所の双子・安寿と真珠子をめぐる対立。城と飛鳥京介の対立。続く連続殺人事件。パールと呼ばれる真珠子と怜の関係。伊集院大介の危機。シリウスと名乗る謎の怪人と元猟奇殺人事件の犯人・刀根一太郎。安寿と真珠子の狂気。

     1998年9月6日購入

     1998年9月8日初読

     2011年2月28日再読

  • 数ある伊集院大介シリーズの中でもイチオシ。特に業の深いお嬢様たちには(笑)。気がつけば続編やらなんやら出ていて、本当に自分は全部読んだのかが心配(苦笑)。妖しい空気が漂う御本です。くふふ。

  • 怖い
    とにかく恐ろしい

    そして天才かつ美しい殺人鬼シリウス対
    伊集院大輔の戦い

    シリーズ1作目

    とにかく神経にくる位に怖く恐ろしく
    虜になる

全17件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

東京都生まれ。早大卒。江戸川乱歩賞、吉川英治文学新人賞受賞。中島梓の筆名で群像新人賞受賞。『魔界水滸伝』『グイン・サーガ』等著書多数。ミュージカルの脚本・演出等、各方面でも活躍。

「2019年 『キャバレー』 で使われていた紹介文から引用しています。」

栗本薫の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×