ツァラトゥストラの翼 (講談社文庫)

著者 :
  • 講談社
3.22
  • (2)
  • (12)
  • (31)
  • (3)
  • (1)
  • 本棚登録 :123
  • レビュー :13
  • Amazon.co.jp ・本 (409ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061846715

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 再読中。実は暗号解かずにパラグラフ飛ばして解答パートを読んでしまった。紙のゲームブックだからこそ出来る掟破り。

  • 往年のゲームブックです。
    じっくり腰を据えて読むならともかく、通勤中には無理でしたので断念。

  • この本はゲームブックです。メモとペンを用意して謎に挑み、選択肢によって読むページが変化します。要するに、シナリオゲームを本にしてあるんですよね。
    ゲーム自体は、探偵推理ものです。私は何度もゲームオーバーになりましたが、根気よくやって、自力で正解に辿り着けました。あなたもぜひどうぞ。

    この本実は自炊屋泣かせです。なぜかはこちら http://d.hatena.ne.jp/ha3kaijohon/20120316/1331886391

  • 難しい!

  • 数千万通り以上の展開が楽しめる、ゲームブックスタイルの謎解きミステリーです。
    物語を追って読書する、というのではなく、自分が探偵となって、気になった人に聞き込みを行ったり、鍵となりそうな場所を調べたりして、メモを片手にページを行ったりきたりする本格推理ゲーム。
    Created by 岡嶋二人ですから。
    おもしろいんですけど、あたしには難しかったです (笑)

  • 今となっては古い手法なんですけど、TVゲームがこんなに進化すると思ってなかった頃、こんな遊びもあったんですよね。

    はい、これは推理ものの「ゲームブック」です。
    小説の主人公に手を貸すという設定で、宝石を盗んだ犯人を捜し出すというお話。
    自分の選択によって話が変わっていく本ですな。

    ソーサリーで慣れていたとはいえ、推理ものでゲームブックというのが楽しかったなー。
    既存のTVゲームに慣れすぎた今、またやりなおすってのもアリかもねー。

  • 読んでいるところ。岡嶋二人による本格推理ゲームブック。聞き込みをし、現場検証して謎を探る展開はなかなか面白いのだが、チェックリストによる交通処理はこなれておらず、一部抜け道・会話のループなどが残されている状態。こうして考えると、本職のゲームブック作家ってのはすごいのだなあ・・・。暗号文が難しすぎて未だ解けない状態。あんなの、袋とじをみないで分かる人はいるのか?

  • 父の本棚にて。小学生の頃何度もやっていたが結末は知らず。今やったらできるのかしら?

  • 読む人が考えながら、展開を選択、指定された箇所に飛びながら読んでいく形式。ゲームブックというらしい。何度チャレンジしても結末にたどりつけません…。いまだに真相を知らず。

  • 当時珍しかったゲームブック

全13件中 1 - 10件を表示

ツァラトゥストラの翼 (講談社文庫)のその他の作品

岡嶋二人の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
宮部 みゆき
宮部 みゆき
東野 圭吾
岡嶋 二人
有効な右矢印 無効な右矢印

ツァラトゥストラの翼 (講談社文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする