わが恋(おも)う人は〈下〉 (講談社文庫)

著者 :
  • 講談社
3.29
  • (0)
  • (4)
  • (10)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 35
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (246ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061847002

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 持ち主に悪い影響を与えていく女雛。そして前世の記憶。

    人形の祟り、というホラーの要素もあり、前世で想い合っていた二人を再びめぐり合わせた運命という、ロマンチックな部分もあり。
    でもホラー小説でもないし、恋愛小説でもないし、結局は傷ついた人のほうが多かったしで、なんだか後味の悪い作品でした。

  • 2時間もしないで読み終わってしまったけど、なんだか…あれ?という感じ。
    特に何か思うことはなかったなあ。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

遠藤 周作(えんどう しゅうさく)
1923年3月27日 - 1996年9月29日
東京生まれ。父親の仕事で、幼少時代を満洲で過ごす。帰国後にカトリックの洗礼を受けた。1941年上智大学予科に入学したが、中退。慶應義塾大学文学部仏文科入学・卒業後、カトリック文学を学ぶためにフランスへの留学。帰国後の1954年『アデンまで』を発表し小説デビュー。1955年『白い人』で芥川賞を受賞し「第三の新人」として脚光を浴びた。
1958年『海と毒薬』で第5回新潮社文学賞及び第12回毎日出版文化賞、1966年『沈黙』で第2回谷崎潤一郎賞、1979年『キリストの誕生』で第30回読売文学賞評論・伝記賞、1980年『侍』で第33回野間文芸賞などそれぞれ受賞。1995年に文化勲章を受章している。
上記受賞作のほか、1993年刊行『深い河』もキリスト教と日本人をテーマにした代表作と見なされており、映画化された。60年代以降「狐狸庵山人」(こりあんさんじん)を名乗り、様々なエッセイを記した。数々の作品が欧米で翻訳され高い評価を受けており、存命中ノーベル文学賞候補だったこともよく知られている。

遠藤周作の作品

ツイートする