寝台特急六分間の殺意 (講談社文庫)

著者 :
  • 講談社
4.09
  • (5)
  • (2)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 31
感想 : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (322ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061847194

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 〇トリッキーでもなくありえそうなトリックだが、いまは引退のために実現しない列車も多くてそれが物悲しい。
    表題作を含む、5編の短編集。

    ・列車プラス・ワンの殺人
    小学校で殺された会社員。動機のある服部はアリバイがあり、その時間では殺害できるはずもないのだが――この時代でないとあり得ないこのトリックはまさしく「プラスワン」。作者の取材力。

    ・死への週末列車
    列車内で殺された男。動機がありそうな中村は無実の罪を着せられそうになるが、列車が雪崩の影響で止まってしまい――缶の指紋トリックも犯人側の思うつぼになりそうになりながらも最後は容疑者の記憶頼み。ゆぅトピア和倉がとても懐かしい。

    ・マスカットの証言
    東京駅で殺された死体のポケットに「マスカット」が入っていた。同期のある男は岡山にいたがアリバイがあり――アリバイ崩しの基本中の基本。

    ・小さな駅の大きい事件
    指宿枕崎線・西大山駅で殺された加倉井刑事。誰かに頼まれたらしいが、その裏には思惑が――十津川亀井が捜査中止を命ぜられながら、謎を解き犯人を追いつめる姿がかっこいい一作。

    ・寝台特急六分間の殺意
    十津川と直子の電話に割り込んできた会話で聞こえた「六分間」「やる」「六時半」。いったいどの時間のどの列車か?――経験が呼び寄せる勘か?犯人もびっくり。

  • 1997.11.28 14刷 552
    十津川警部と妻との電話にまぎれ込んだ奇妙な電話は、殺人を相談するショッキングなものだった。キイワードは六分間、東京駅、午後六時半。数多い列車の中で条件を満たすのはどれか、そして六分間とは停車時間か、接続時間か。おなじみ十津川・亀井コンビが難題をさばく会心鉄道推理集。
    列車プラス・ワンの殺人・死への週末列車・マスカットの証言・小さな駅の大きな事件・寝台特急六分間の殺意

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

1930年、東京生まれ。数々の職業を経て、創作活動に。63年「歪んだ朝」でオール讀物推理小説新人賞、65年『天使の傷痕』で江戸川乱歩賞、81年『終着駅殺人事件』で日本推理作家協会賞など各賞を受賞したミステリの巨人。国民的名探偵十津川警部の活躍を描くシリーズでは、第4回吉川英治文庫賞を受賞した。2022年3月逝去。

「2023年 『ストーブ列車殺人事件』 で使われていた紹介文から引用しています。」

西村京太郎の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×