白色の残像 (講談社文庫)

著者 : 坂本光一
  • 講談社 (1991年7月発売)
3.09
  • (1)
  • (1)
  • (7)
  • (2)
  • (0)
  • 17人登録
  • 3レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (389ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061849426

白色の残像 (講談社文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 筆者と誕生日が同じと知って手を出したバースデー文庫。
    文字で見る甲子園と高校野球はテレビともラジオとも違って興味深かった。
    能ある鷹は爪を隠すと言うけれど、達観しすぎているくらいだった宮本くんの本領が見れたマウンドは少しばかり感動してしまった。
    事件が解決するまで二転三転して、事実を放り出さないで突き詰める中山さんの執念が見もので面白かったです。
    トリックの謎解きは情報量が多くて理解するまで時間がかかりました

  • 著者が元東大野球部だけあって、経験者らしい目線の表現が物語の深みと臨場感を生んでいました。
    不正行為のトリックは納得出来たものの、実現はなかなか難しいと思いました。
    密室に関しては、あまりにも取って付けたような感じで、チープな感じが残りました。この密室を省いた方が、より良作になっていたと思います。

  • 隙間に用心。

全3件中 1 - 3件を表示

白色の残像 (講談社文庫)のその他の作品

白色の残像 単行本 白色の残像 坂本光一

坂本光一の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

白色の残像 (講談社文庫)はこんな本です

ツイートする