十角館の殺人 (講談社文庫)

著者 :
  • 講談社
3.84
  • (839)
  • (788)
  • (1135)
  • (67)
  • (12)
本棚登録 : 5356
レビュー : 802
  • Amazon.co.jp ・本 (375ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061849792

作品紹介・あらすじ

半年前、凄惨な四重殺人の起きた九州の孤島に、大学ミステリ研究会の七人が訪れる。島に建つ奇妙な建物「十角館」で彼らを待ち受けていた、恐るべき連続殺人の罠。生き残るのは誰か?犯人は誰なのか?鮮烈なトリックとどんでん返しで推理ファンを唸らせた新鋭のデビュー作品。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • さて島田氏の御手洗シリーズで本格ミステリに開眼した私は同傾向の作品を読もうと各ガイドブックなどに手を伸ばすようになったり、『このミス』などランキング本を読み漁ったりするのだが、その中で「新本格」という単語に行き当たった。
    色々調べてみると、松本清張以後、本格冬の時代と云われていた日本ミステリシーンにかつてのガチガチの本格ミステリを復興させようという動きを新本格といい、なにも今までにない斬新な本格という意味ではなかった。そしてそのムーヴメントの中心にいる人物こそがなんと島田氏その人だというのだから、これは何がなんでも読まなければならぬとそこに名を挙げられていた綾辻氏、歌野氏、法月氏、我孫子氏4氏の諸作を本屋で探し、一気に買い込んだ。
    そしてまずは綾辻氏の本書から手を付けることになった。既に私が本作を買ったときには既に『迷路館の殺人』まで文庫は出ており、しかも「綾辻以前綾辻以後」なる形容詞まで付いているのにはびっくりした。

    で、そんな前情報が期待を膨らましつつ、開巻したところ、実はお互いをあだ名で呼び合う登場人物たちにドン引き・・・。しかも彼らのあだ名が全て海外古典本格ミステリの大家のファーストネームで、いかにもミステリマニアが書きましたというテイストに、うわぁ、これ読めるのかなぁとすごく心配したが、物語が進むにつれて慣れてきた。
    探偵役として現れた島田潔の名前にニヤリとしつつ、奇想の建築家中村青司が設計したというわりには十角館って普通の建物だよなぁなどと思いつつ、読み進めていった。

    そして私も驚きましたよ、あの一行に。まさに時間が止まり、「えっ!?」という思いと共に足元が崩れる思いがした。しかもあの一行が目に飛び込んでくる絶妙なページ構成にも唸った。一行に唸ったのは星新一の「鍵」以来だった。
    実は犯人はすぐに解った。だから答え合せしたくて早く解決シーンに進みたくて、忸怩しながら読んでいたが、この一行で自分の甘さに気づかされた。というよりも犯人が解ってなお、これほどの驚嘆を読者に与える作品というのがあるのかと心底感心したのだ。そしてまだまだミステリの奥は深い、確かにこれは「新」本格だ、などとミステリをさほど読んでいないのに一人悦に浸っていた。

    今でも読み継がれ、新しい読者に驚きをもたらしている本書は歴史に残る傑作といえよう。こうして綾辻氏の名はこの1作で私の脳裏に深く刻まれることになった。

  • 自宅本。勿論再読だが、これを読まずして新本格は語れない。屍人荘の殺人が少し前にかなりバズりましたが、この十角館読んでなかったら是非読んで沼にハマってほしい。数々のフォロワーはここから始まっているのです。

    異彩の建築家、中村青司が孤島に建てていた十角形の館。過去に青司自身も含め4人が惨殺された島で推理小説研究会のメンバーが、急性アルコール中毒で死んだ青司の娘の復讐に合う。

    本家のクリスティのそして誰もいなくなったと同じぐらい有名な孤島ものの傑作。「人間が描けていない」という批判が過去あったと記憶しているが、登場人物も探偵役も記号的であるのは間違いない。島田潔なんて名前自体ひどいのだが、キャラクター至上主義の小説よりもミステリの雰囲気に没頭できる。

    作中に有名なセリフがあって、その一行からスルっと解決編に入るのは見事。

  • どこでも評価の高い十角館。

    何がそこまで・・・
    と読み進め、
    あの一文で

    そりゃ評価高くなるわ!

    っていう作品でしたね!笑

  • 私の周りのミステリ好きがこぞって勧めてくるこの作品、ようやく手に取ることができた。さすが前評判通りの内容で、久々のミステリで感覚が鈍っていてもかなり楽しめた。とはいえ文学嗜好人間にとっては、犯人の動機が浅いのがちょいと惜しい……

    • 毛利蘭さん
      ザ・ミステリーってかんじよね
      ザ・ミステリーってかんじよね
      2020/04/23
    • にぐちさん
      王道ですね
      王道ですね
      2020/04/25
  • なるほどなあ~と唸るトリックではあったものの、「この作品が凄い」と聞きすぎていて期待が大きすぎた割には、そこまでの驚きが感じられなかった。残念。
    でも本当に面白かった。

  • 様々なところで評価されている本作、いつか読まなければと思いつつようやく読了。読み始めたらあっという間だった。
    本格ミステリーの衰退?が叫ばれて久しいが、本作に本格ミステリーの未来を感じた人が多いのは納得。いくつかのミスリードが最終的に合致していく様は、少年時代にワクワクしながら読んでいた「推理小説」を思い出させてくれた。小説ならではのミスリードが見事!

  • 悔しいな。見事に騙された。友達に是非読んで欲しいと言われたミステリ小説。初綾辻行人です。叙述トリックらしいと聞いていたから、騙されないように慎重に読んでいたはずなのに、それでもネタ明かしで「えええ!お前?!」と声を上げてしまった。ミステリの醍醐味とはいえ、こう綺麗にダマされると悔しい。差書は、キャラクタが捉えられなくて苦労したけれど、すぐに馴染みました。

    十角形の奇妙な館が建つ孤島・角島。その館を建てた建築家・中村青司は、半年前に炎上したその島の青屋敷で焼死したという。1年後、大学ミステリ研の七人が1周間の旅行に十角館を訪れた。恐ろしい罠が待っているとも知らず…。

  • 初めて読んだときは「やられた~」と思った。全てが引っくり返るあの瞬間には鳥肌が立ったものだった。再読だとさすがに最初の頃のようなドキドキ感はないものの、散りばめられた伏線にニヤリとしてしまう。よく練られているなぁと思う。

  • 特にミステリ好きというわけではないんですが、なんとなく買ったこの本はとても面白く、一気に読んでしまいました。読後、予想外の展開に「やられた!」と思いました。

  • 綾辻さんの館シリーズといわれるモノ、ほとんど触れずじまいでした。

    で、どうしてこれまでであっては来なかったのか!
    この本に一番にめぐり合っていたら、諸先輩方同様に
    本格ミステリーを語れたのに・・・

    遅ればせながら、館シリーズ挑戦してみようと思います。

全802件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

綾辻 行人(あやつじ・ゆきと)
1960年京都府生まれ。京都大学教育学部卒業。同大学院修了。’87年9月『十角館の殺人』で作家デビュー。「新本格ムーヴメント」の嚆矢となる。「館」シリーズで本格ミステリシーンを牽引する一方、ホラー小説にも意欲的に取り組む。’92年『時計館の殺人』で第45回日本推理作家協会賞を受賞。2018年度第22回ミステリー文学大賞を受賞。

「2021年 『暗闇の囁き 〈新装改訂版〉』 で使われていた紹介文から引用しています。」

綾辻行人の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
宮部 みゆき
有効な右矢印 無効な右矢印

十角館の殺人 (講談社文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×