ねじのかいてん (講談社文庫)

著者 :
  • 講談社
3.20
  • (3)
  • (5)
  • (40)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 135
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (226ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061850422

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 2015/12/28
    89年の作品

  • 面白かった。少し不思議で奇妙で気持ち悪くて好き。

  • 椎名流超常小説の短編集です。娘の絵本を借りに図書館に行った際、何となく手に取った1冊。こう言うの久しぶりに読んだ。あの「水域」の一説なのかな?短編として挿入されています。「パンツをはいたウルトラマン」が良かった。椎名流超常小説は何とも不思議な感覚に包まれ、好みです。

  • 椎名のSFワールド、やっぱり独特でとてもいい。
    水域の短編が読める。
    この世界観、すごい。

  • SF?短編集。
    真面目なのか冗談なのか、わからないけれど確実に面白い文章。
    「パンツをはいたウルトラマン」とかね、
    絶対タイトルからしてふざけてるんだけれど、
    なぜか哀愁のようなものが漂ってきてほろリとさせられます。
    一番好きなのは「水域」。
    ありそうでないような不思議な世界を彷徨う男の話。
    その世界に一人だけという孤独と恐怖をありありと感じる。
    これが元になった長編があるそうです。
    今度読んでみなければ・・・。

  • 080411(s 080506)

  • シーナワールド最高!収められたどの短編も秀逸。大好きな一冊。

全7件中 1 - 7件を表示

著者プロフィール

椎名誠(しいな まこと)
1944年、東京生まれの作家。「本の雑誌」初代編集長で、写真家、映画監督としても活躍。『犬の系譜』で吉川英治文学新人賞を、『アド・バード』で日本SF大賞を受賞。近著に『あやしい探検隊 台湾ニワトリ島乱入』『あやしい探検隊 済州島乱入』『そらをみてますないてます』『国境越え』『にっぽん全国 百年食堂』『三匹のかいじゅう』『ぼくがいま、死について思うこと』『おれたちを笑え! わしらは怪しい雑魚釣り隊』『雨の匂いのする夜に』『おなかがすいたハラペコだ』など多数。
映画監督としては、映画『あひるのうたがきこえてくるよ』で第10回山路ふみ子映画文化賞受賞。映画『白い馬』で日本映画批評家大賞最優秀監督賞、95年度JRA賞馬事文化賞、フランス・ボーヴェ映画祭グランプリ受賞、ポーランド子ども映画祭特別賞をそれぞれ受賞している。

ねじのかいてん (講談社文庫)のその他の作品

椎名誠の作品

ツイートする