下天は夢か(一) (講談社文庫)

著者 :
  • 講談社
3.24
  • (4)
  • (13)
  • (32)
  • (4)
  • (2)
本棚登録 : 148
レビュー : 8
  • Amazon.co.jp ・本 (399ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061850583

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 津本版「織田信長伝」。全四巻中の第一巻。秀吉関連の「夢のまた夢」に感じた津本氏の独自性は未だ感じず、ずいぶん大人しいなぁと感じるところ。物語としては、信長家督相続から桶狭間、そして美濃攻略前半期までを叙述。

  • <1> 2000.4.16~23 読了
    <2> 2000.4.24~5.1 読了
    <3> 2000.5.2~17 読了
    <4> 2000.5.17~6.4 読了

  • 文体が淡々しているので、心理投影ができるとか感情移入ができるといった事はないです。堅めの文章で丁寧に描かれています。信長が方言を使っています。信長好きならまず通っておきたい作品。

  • (1992.09.30読了)(1992.06.21購入)
    (「BOOK」データベースより)
    尾張半国を従えて、国守大名に成り上る寸前に、父信秀は病死した。内外に敵ばかりの家督を継いだ信長は、骨肉争う内戦を勝ち抜き、勇猛果断な進退と、徹底した諜報調略で、凄絶な乱世を切り開き、遂に強敵今川義元を、桶狭間に討ち取った。臈たけた吉野との愛情が、唯一の心のやすらぎである日々。

    著者 津本陽
    1929年和歌山県生まれ。
    東北大学法学部卒業。
    1978年、「深重の海」で第七九回直木賞受賞
    1995年、「夢のまた夢」で第二九回吉川英治文学賞受賞

  • 天下統一に向けてまい進する織田信長。 しかし実際には強敵に囲まれいくつもの撤退を繰り返しながら各個撃破していく。 厳しい状況の中合理的に判断して局面を切り抜けていく姿に勇気付けられた。

  • 尾張半国を従えて、国守大名に成り上る寸前に、父信秀は病死した。内外に敵ばかりの家督を継いだ信長は、骨肉争う内戦を勝ち抜き、勇猛果断な進退と、徹底した諜報調略で、凄絶な乱世を切り開き、遂に強敵今川義元を、桶狭間に討ち取った。

  • 和歌山などを舞台とした作品です。

  • だめだった…。愛知県在住なので、那古野のやら岡崎やら知った地名がたくさんでてきはするものの、あくまで小説ではなく「史記」か?というほど固有名詞が多いのに飽きてしまって1巻から挫折。台詞も少ないし、人物より史実重視の作風なのかしら。自分が読む歴史小説はストーリー性がマストなようだ。

全8件中 1 - 8件を表示

下天は夢か(一) (講談社文庫)のその他の作品

津本陽の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
司馬 遼太郎
有効な右矢印 無効な右矢印

下天は夢か(一) (講談社文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする