トヨタと日産―自動車王国の暗闇 (講談社文庫)

著者 :
  • 講談社
3.00
  • (0)
  • (0)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 29
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (347ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061850941

作品紹介・あらすじ

今トヨタと日産で何が起きているか。地域をもまきこみ、現場で進められた生産性向上運動は、さまざまな歪みを生み出し、ついには日米自動車戦争まで引きおこした。問題は山積したまま、人員削減だけは急ピッチで進む絶望工場の暗部に光をあてる。繁栄の翳りが見える自動車産業の最先端を克明に追うルポ。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • こちらはプロジェクトXっぽいお話ではなく、副題にあるように自動車王国の暗部を語っている本なのだ。
    トヨタのかんばん方式は下請けいじめだ、年間20人以上自殺者がいる企業は異常である。
    日産の労働組合は資本家とぐるで、労働者の自由な発言の機会はない。
    などなど、1990年ごろに書かれている本なので、20年たった現在は状況は好転しているのだろうか。
    さらに遡り、『自動車絶望工場』なる本がある、この作者がトヨタの工場に潜入してかいたものらしい。機会があればこちらも読んでみたい。
    これを怖いもの見たさという。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

ルポライター。『残夢――大逆事件を生き抜いた坂本清馬の生涯』(金曜日)、『大杉栄――自由への疾走』(岩波現代文庫)など、明治大正期の社会主義者、無政府主義者を描いた作品も多い。「さようなら原発」運動、「戦争をさせない」運動などの呼びかけ人。

「2017年 『軟骨的抵抗者』 で使われていた紹介文から引用しています。」

鎌田慧の作品

ツイートする