青函特急殺人ルート (講談社文庫)

著者 :
  • 講談社
3.43
  • (1)
  • (1)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 25
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (288ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061851092

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 1998.3.16 10刷 485
    無人のはずの青函トンネル・吉岡海底駅に若い女性の刺殺体が!犯人はどうやって殺し、脱出したのか。しかも被害者の婚約者が新宿のホテルから転落死して、事件の複雑さが予想された。。十津川警部は苦心の捜査で犯人を追い詰め、北へ向かう特急「北斗星」に乗り込む!迫真のスリル溢れる鉄道推理長編。

  • 青函トンネルの中にある唯一の海底駅(ただしここは観光用)
    ここで第一の殺人事件が起こる。
    この被害者山口ひろみの関係者が次々と殺害されるのだが
    実はこの山口ひろみ、そっくりサンだったのだ。そして殺された「彼」実は依頼されて山口ひろみを調査していた興信所の男。
    高級寝台特急「北斗」での謎解きはスピード感があった。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

1930年東京生まれ。65年『天使の傷痕』で江戸川乱歩賞を受賞。81年『終着駅殺人事件』で日本推理作家協会賞を受賞。2004年には第8回日本ミステリー文学大賞を受賞。トラベル・ミステリーで活躍。

「2018年 『房総の列車が停まった日』 で使われていた紹介文から引用しています。」

青函特急殺人ルート (講談社文庫)のその他の作品

西村京太郎の作品

ツイートする