YOKO ONO―オノ・ヨーコ 人と作品 (講談社文庫)

著者 :
  • 講談社
2.80
  • (0)
  • (0)
  • (4)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 26
感想 : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (228ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061851689

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 読書録「YOKO ONO」2

    著者 飯村隆彦
    出版 講談社

    p132より引用
    “「この映画の主題を、歩くことの医学的な
    調査として観られるかも知れないが、これは
    人間の性格についてのもう一つの次元を示す
    ものである。歩くことは同じでも、二人とし
    て同じ後ろ姿はない。この主題は、人間の意
    識を拡大することにおいて見逃されてきた局
    面を提示する。」”

    目次から抜粋引用
    “ヨーコとの出会い
     ヨーコ・コンプレックス
     ヨーコ・オノのアート1
     ヨーコとの対話
     僕に「LOVE」をうたったジョンが死んだ”

     映像作家である著者による、現代アーティ
    ストオノ・ヨーコの作品と歴史について記し
    た一冊。
     著者とオノ・ヨーコ氏との出会いからジョ
    ン・レノンの死についてまで、数々の作品と
    写真で綴られています。

     上記の引用は、オノ・ヨーコ氏の映画作品
    についての本人の解説。
    お尻のアップ画像ばかりを集めた映画だそう
    ですが、普段何気なく見ている物の中に、人
    とは違うことを見いだせるのが天才だ、とつ
    い最近何処かで読んだ気がします。まさにこ
    の言葉がピッタリと当てはまる、自身の作品
    についての解説ではないでしょうか。
     元となった単行本の出版は、1984年とのこ
    と。ジョン・レノンが殺害されてから、4年
    しか経っていない頃の出版ですので、現在よ
    りもその存在がずっと身近だったことでしょ
    う。
    今年はビートルズ来日50周年でしたでしょう
    か、これを期に関わりが深い人物について当
    たってみるには良い一冊ではないかと思われ
    ます。

    ーーーーー

全1件中 1 - 1件を表示

飯村隆彦の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×