ジェットエンジンに取り憑かれた男 (講談社文庫)

著者 :
  • 講談社
3.71
  • (1)
  • (3)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 38
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (477ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061852044

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 戦前より国産ジェットエンジンの開発が進んでいたであろうことは、「橘花」という飛行機が存在したことより明らかであるが、メッサーシュミット Me262のような確固たる技術ではなかったことは、量産でなかったことからおぼろげにそう思っていた。本書は、そのエンジン「ネ20」から始まり、多くのジェットエンジンを国内で手がけるようになった日本の技術屋物語である。

    敗戦による技術研究・開発凍結による停滞を乗り越え、今日にいたるまで克明に描かれている。中心がIHIの技術陣になっているので今日の勇姿をHPから除かれるのも一興であろう。

    http://www.ihi.co.jp/ihi/products/products_02.html

    技術は、ヒトが開発するものだということをつくづく考えさせられる一冊である。

  • エンジニアの苦悩と、成長の歴史。エンジニアを自負する人は必読かな。戦前〜近代のジェットエンジンの変遷に興味がある人も是非。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

ノンフィクション作家。1946年生まれ。石川島播磨重工の航空宇宙事業本部技術開発事業部でジェットエンジンの設計に20余年従事。退社後、日本の近・現代の産業・技術・文化史の執筆に取り組む。おもな著書に『YS-11』『富嶽』『マン・マシンの昭和伝説』『戦艦大和誕生』(いずれも講談社)『日本のピアノ100年』『満州航空の全貌』(いずれも草思社)『技術者たちの敗戦』(草思社文庫)『新幹線を航空機に変えた男たち』『日本の名機をつくったサムライたち』(いずれもさくら舎)『飛翔への挑戦』(新潮社)など多数。

「2017年 『文庫 戦艦大和誕生(下)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ジェットエンジンに取り憑かれた男 (講談社文庫)のその他の作品

前間孝則の作品

ツイートする