柳生刺客状 (講談社文庫)

著者 :
  • 講談社
3.50
  • (13)
  • (27)
  • (46)
  • (5)
  • (1)
本棚登録 : 236
レビュー : 15
  • Amazon.co.jp ・本 (198ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061854048

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • この歴史小説は、徳川家康の影武者の話などの短編集です。

  • 名著「影武者徳川家康」の登場人物も出てくる本著。隆慶一郎ファンにはたまらない1冊だ!

  • 短編四作と、長編の書き出し少し。

  • 関ケ原合戦で徳川家康は死んだ。そして影武者世良田二郎三郎の存在。徳川家の秘事を知った柳生宗矩は、世子・秀忠にそのことを洩らす。権力の座に執念をみせる秀忠の命を受けて、宗矩は権謀術数のかぎりをつくす…。表題作ほか最後の短編「死出の雪」に加え、書下ろし長編の冒頭30枚を収録する短編傑作集。

  • 柳生刺客状・張りの吉原・狼の眼・銚子湊慕情・死出の雪の短編五編収録。

    全編通じて感じたが、面白い。
    相手が嫉妬深く陰湿であればあるほど、執着せず大局に捉える主人公が潔くて格好良い。
    では悪人をバサりと斬り捨てスカッとするかというと、スカッとするのだが、勧善懲悪ではない。
    闇の業を背負った男女の、業を背負うに至った描写が丹念に描かれているからだ。
    むしろ一方の潔さが際立つほどに、一方に近さを感じてしまうくらいだ。
    しかし主人公は一見スーパーヒーローだが、皆、苦労家で努力家で人情家として描かれていることで、こちらは全くやられてしまった。
    うん、認めるよ、叶わない。あんた、格好良いよ、と。

  • 男の嫉妬ほど、嫌ったらしく後味を引くものはないと思う。
    女の嫉妬ほど、過激で振り回されるものはないと思う。

    どちらにせよ、マイナスイメージな心は粘着質なのだ。
    でも、隆慶一郎さんはそれを日本刀のような言葉で切り分ける。
    そうして目の前に生肉のように切り出されると、やっぱり箸をつけてしまう。
    そして知らない間に、中毒みたいに何枚何枚もページを頂いている自分に気付く。

    作品の集め方は良くないけれど、やっぱり全部読んでしまった。
    未完の作品は載せなくてもよかったと思う。

  • なんか、死後に無理矢理編んだ寄せ集め。 長編の書き出し30ページなんてのもある。 当然あんまり面白くない訳で。

  • 2011/02完讀

    ◎柳生刺客状(影武者短篇版、兵介是另外的要角)
    ◎張りの吉原
    ◎狼の眼
    ◎銚子湊慕情(未完成)
    ◎死出の雪

  • まだ読んでる途中。

    2つめ「張りの吉原」…ようするに、おしりに入れる話じゃないか。エッチ。
    花扇のかわいらしさがいい。

    ………………………………………………………………………………

    読み終わった。

    まとまっていない短編集。

    「柳生刺客状」
    柳生だし、影武者だし、人斬りだし。劇画チック。

    「張りの吉原」
    前述通り。

    「狼の目」
    人間の肉を喰らった奴は、目が狼のように光るんだよ…怖い。
    しかし、なんちゅうか、とおいお話しという気がした。
    実際そうなんだけど。

    長編小説の書き出し「調子港慕情」がよかった。
    コウモリ安はちょっと興味深い人物。

    以前、千葉の野田市でキッコーマンの創業者の邸宅を見て以来
    和歌山から銚子の醸造の伝来は以前から気になっているテーマ。

    ぜひとも読みたいと思ったがこの小説が完成することはもうない。
    惜しくてしょうがない。

    「死出の雪」はいまいちわからん。
    冒頭で女が悪いと言いながら
    振り回される男が悪いとしか言いようのない話。

    そんなこんなで。

  • 96年7刷本

全15件中 1 - 10件を表示

隆慶一郎の作品

ツイートする