夏泊殺人岬 (講談社文庫)

著者 :
  • 講談社
3.15
  • (0)
  • (5)
  • (13)
  • (2)
  • (0)
  • 本棚登録 :75
  • レビュー :5
  • Amazon.co.jp ・本 (352ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061854338

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 2012 jan

  • 内田康夫は、たま~に、古本で買った文庫を読む作家。

    あまり好きでもないのだけれど(むしろ、嫌いに近い)、他に読むものが見当たらない時や、軽い気持ちで暇潰しにでも何か読みたい、という時に何故か買ってしまう(笑)。

    さて本作。
    いわゆる“推理小説”。
    人物描写やキャラの性格設定は、昭和50年代の作だと考慮すれば納得。

    設定のひとつの大仕掛けは…、 多少ご都合主義な展開も見られたが、面白い設定だと思えた。

    ヒロインも、まあ魅力的かな。

    納得いかない点が2つだけ…。
    ①女子大学生が“推理小説談義”で大盛り上がりになるなんて…(笑)。
    ②たった数日間“顔見知り”だった男(二人きりで話をしたのは、なんと1回だけ)を、「愛しています」とは……(苦笑)。

    2011.12.25.了。古

  • 著者初期の作品(長編10作目)。
    この作品は結末につきる。
    どうも個人的にはすっきりしない。
    随所に工夫は見られるが、やはり結末がああだと…

  • 陸奥湾に向かって大きく突き出した夏泊半島。自生椿の北限として名高い景勝地である。由緒ある椿神社を訪ねてきた男が毒死。男は刑期を終えて出所したばかりだった。雅楽部の合宿でやってきた江藤美香は、その男こそ以前訪ねてきた男らしいと知って驚いた。美香の実家もまた“椿神社”と呼ばれていたのだ!!
    (講談社作品紹介より)

  • 椿神社のキミネさんを探していた男性が夏泊半島の海の家で毒死した。
    男性は刑務所を出所したばかりだった。警察は自殺と断定。
    大学の雅楽部の合宿で夏泊に来た主人公は、その男性が彼女の実家を訪れた男性だと知る。
    その後、雅楽部員が殺される事件が発生。
    主人公はなにか関連があるのではないかと、真相を探り始める。

    最後の幕引きは、結局我が身かわいさというか浅はかな感じで、なんだかなぁと思った・・・。

全5件中 1 - 5件を表示

夏泊殺人岬 (講談社文庫)のその他の作品

夏泊殺人岬 (徳間文庫) 文庫 夏泊殺人岬 (徳間文庫) 内田康夫
夏泊殺人岬 (徳間文庫) Kindle版 夏泊殺人岬 (徳間文庫) 内田康夫

内田康夫の作品

夏泊殺人岬 (講談社文庫)はこんな本です

ツイートする