宿命 (講談社文庫)

著者 : 東野圭吾
  • 講談社 (1993年7月6日発売)
3.49
  • (707)
  • (1595)
  • (2779)
  • (277)
  • (41)
  • 12592人登録
  • 1149レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (378ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061854444

宿命 (講談社文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ちょっと脳にこだわっていた時期なのかな…
    面白いんだけど
    ゲゲッ!という怖さが
    欲しい感じ、東野さんの作品では。

  • 小学校時代から高校まで何かと因縁の深い2人が時を経て、刑事と容疑者という形で再会。

    過去を振り返りながら進んでいく展開は面白く読めた。
    犯人、2人の関係性共に最後まで分からない展開が良かった。

  • なんか消化不良。
    美佐子の存在感が最後の方まるっきり薄くなって畳み掛けるように終わったけど、これは作者意図した終わり方なんだろうか。
    色々書こうとはしたけどバッサリ削ぎ落とされた感がある。

  • 小学生の頃から何とはなしに気になる存在、宿命というでのしょうか?そんな二人、和倉勇作と瓜生晃彦。
    大人になって再会した時は刑事と殺人事件の重要参考人。
    また、瓜生の奥さんがかつての勇作の恋人。

    わざと??て言う偶然が重なり糸に操られるような人生を歩む美佐子(勇作の初恋の人)

    東野さんらしいミステリー。
    読みやすかった。

  • 読んだのちょっと前だからあんまし覚えてないんだけど、なんていうか、東野圭吾的な普通位の面白さ。こういう話を安定的に供給してくれるから彼はいい。

    最後まで、宿命の相手に全敗する主人公。

    でも「彼的な全敗」は完全敗北かはわからない。もしかしたら宿命の相手的にも負けているのかもしれない。主人公の心情がメインだから主人公が負けているように感じるけれど。どうなんでしょ。
    勝ち負けは心情的な部分も大きいからね。勝負で負けて試合で勝つこともあるらしいし、逆もあるらしいし。

  • 東野圭吾特有の最後のどんでん返し。主人公と犯人との宿命。

  • ミステリーだけど、トリックや犯人が分かって終わり~とならない所が読み応えの有る作品だと感じました。

  • 宿命というタイトルに相応しい内容で、納得感がすごく強い、面白い!

  • 『酷く甘い金木犀の香』

    読んでいて面白いのか、読み終わって面白いのかと聞かれたら、読んでいて面白いのが東野圭吾だとおもう。一行ごとに物語の中へ引き込まれていく。あっという間に最後のページになった。

  • そんな展開!!

    絡み合った糸が、ほどけそうになればなるほど謎は深まり。。。


    誰が犯人かというより、なぜそうしなくてはいけなかったのかが気になった。


    想像もできなかった意外な結末。


    最後の章で、題名『宿命』の本当の意味が分かった気がする。。。

    最後の二人の会話、すっと心から喜びが湧いた。

全1149件中 1 - 10件を表示

宿命 (講談社文庫)のその他の作品

宿命 (講談社ノベルス) 新書 宿命 (講談社ノベルス) 東野圭吾

東野圭吾の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

宿命 (講談社文庫)に関連するまとめ

宿命 (講談社文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする